Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

2人にとってア・ホール・ニュー・ワールドってどんなところ?

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』より“A Whole New World(新しい世界 – ア・ホール・ニュー・ワールド)”の英語歌詞を見てみると、歌詞の1つ1つで、アラジンとジャスミンが目にした世界が歌われています。

2人が見た「新しい世界」とはどんなものだったのでしょうか?

【ブロードウェイミュージカル“Aladdin”/“A Whole New World”/作詞:Tim Rice * 劇団四季ミュージカル『アラジン』/「新しい世界 – ア・ホール・ニュー・ワールド」/訳詞:高橋知伽江】

A Whole New Worldとは

劇団四季版では“A Whole New World”は「新しい世界」と訳されていますが、実は若干ニュアンスが違うんですよね。「新しい世界」であれば“A New World”でも良いはずです。

“Whole”とは「全体の、全ての」という意味ですから、正確に訳すのであれば「完全に新しい世界」となり、アラジンとジャスミンが今までに全く見たことのない世界を2人で見ているんだ…というニュアンスが強まります。

この曲では、その「完全に新しい世界」がどんなものなのかがアラジンとジャスミンによって歌われていますので、その1つ1つを見ていきましょう。

 

地平線を追いかけて…

劇団四季版では「地平線を目指し」と訳されていますが、英語ではこのようになっています。

 

A whole new world
with new horizons to pursue
―ブロードウェイミュージカル “Aladdin” より “A Whole New World”(作詞:Tim Rice)

 

“horizons”は「地平線」、“pursue”は「追う、追い求める」という意味ですから、

 

  • A whole new world…完全に新しい世界
  • with new horizons to pursue…常に新しい地平線(水平線)を追いかけて

 

となります。魔法の絨毯で空を飛べば、次から次へと新しい地平線・水平線が現れ、追いかけても追いかけても、それは蜃気楼のように常に2人の目の前に広がりますよね。そういった様子がこのパートでは歌われているのです。世界はどこまでも広く大きいものだと感じさせられますね。

 

 

どこまでも追いかけて…

続く歌詞では2人はそれをどこまでも追いかけると歌っています。

 

I’ll chase them anywhere
There’s time to spare
Let me share this whole new world with you
―ブロードウェイミュージカル “Aladdin” より “A Whole New World”(作詞:Tim Rice)

 

“them”とは“horizons”のことですから、1行目は「私はどこまでもそれを追いかける」です。“time to spare”の“spare”には、

 

  • spare…(時間・お金を)さく

 

という意味があります。つまり、2行目は「さくことの出来る時間はある」と歌っているんですね。そして、3行目の“share”は、

 

  • share…共有する、分け合う

 

ですから、ここのフレーズはこうです。

 

  • I’ll chase them anywhere…どこまでもそれを追いかけよう
  • There’s time to spare…(それにかける)時間はある
  • Let me share this whole new world with you…この完全に新しい世界を君と分かち合おう

 

全く違う環境で育った2人が歌うこのフレーズには、本当にぐっと来てしまいます。

 

私たちの居場所…

そしてこのようにも歌われています。

 

A whole new world
That’s where we’ll be
A thrilling chase
A wondrous place
For you and me
―ブロードウェイミュージカル “Aladdin” より “A Whole New World”(作詞:Tim Rice)

 

“That’s where we’ll be”はですが“we will”とありますので、「それは私たちがこれから生きる場所」というニュアンスが強くなるでしょう。

その上で、「あなたと私にとってそれは“a thrilling chase”、“a wondrous place”だ」と歌っていますね。“chase”とは「追求」という固い意味がありますが、ここではどちらかというと「追いかけっこ」という意味の方がしっくりくると思うので…

 

  • A whole new world…完全に新しい世界
  • That’s where we’ll be…それは私たちがこれから生きるべき場所
  • A thrilling chase…わくわくする追いかけっこ
  • A wondrous place…素晴らしい場所
  • For you and me…あなたと私にとって

 

という意味になります。

アラジンとジャスミンにとって、完全に新しいこの世界は2人で共有したくなるわくわくする、未来の見える美しい場所だということがよく分かりますね。

日本語では忠実に訳されていない部分ですが、是非こういった世界観が歌われているということを知ってくださいね。

 

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『アラジン(Aladdin)』曲一覧

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] アラジン ブロードウェイ・ミュージカル版
価格:1933円(税込、送料別) (2018/4/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] 劇団四季/アラジン BROADWAY’S NEW MUSICAL COMEDY
価格:2391円(税込、送料別) (2018/4/10時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください