『ハミルトン』に登場する、ラファイエットとはどんな人?

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より“Alexander Hamilton”の英語歌詞を見てみると、ラファイエットが“We fought with him(俺たちは共に戦った)”と歌っていることが分かります。

今回は、ラファイエットがどのような人物だったのかを紹介しますよ。

【ブロードウェイミュージカル“Hamilton”/“Alexander Hamilton”/作詞:Lin-Manuel Miranda】

Marquisの意味

まずどういう人物かを知る前に、名前に注目してみましょう。彼の名前って実はとーっても長いんです。正式には、Marie-Joseph Paul Yves Roch Gilbert du Motier, Marquis de Lafayette(ラファイエット侯爵マリー=ジョゼフ・ポール・イヴ・ロシュ・ジルベール・デュ・モティエ)なんですね(笑)。『ハミルトン』の中では、LafayetteもしくはMarquis de Lafayette としか書かれていなかったので、こんなに長い名前とは知りませんでした。

その長い名前の中に隠れている単語“Marquis(マークィス)”とは「侯爵」のことで、彼は貴族だったということが分かります。

「男爵」「侯爵」「公爵」「伯爵」など、映画や小説などでよく見かけますが、実際のどのような区別があるかが分からないですよね。私もよく分からなかったのですが、調べてみたところ貴族の称号の順序で、侯爵は上から2番目だと分かりました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

何故、アメリカ独立戦争に関わったのか

さて、彼は名前からも分かる通りフランスの人。フランスの軍人であり、政治家でもあった彼は歴史上で重要な人物となりました。『ハミルトン』に関係する彼の活躍は、以下が挙げられます。

 

  • アメリカ独立戦争
  • ヨークタウンの戦い(the Battle of Yorktown)

 

Yorktown (The World Turned Upside Down) ”の歌詞にもある通り、ヨークタウンの戦いは1781年に起こったもので、アメリカ独立戦争を決定付けたのですが、ずっと気になっていたことがあるんです。ラファイエットってフランス人なのに、どうしてアメリカ独立戦争に加わったのでしょうか?

その理由は、次のように説明されていました。

 

彼は14歳で軍隊に入隊し、16歳で、2歳年下の貴族(公爵)の娘と結婚した。1776年、アメリカ独立戦争が勃発すると、支援を求めて来仏したベンジャミン・フランクリンに会ってその考えに共鳴し、周囲の反対を押し切って自費を投じて船を購入し、義勇兵としてアメリカへ渡った。19歳の時のことである。1779年にはフリーメイソンへ加入、参入儀式をジョージ・ワシントンが執り行った。いったん帰国後、1780年、帆船「エルミオンヌ号」に乗って、再度アメリカに渡った。アメリカの独立を決定的にした1781年のヨークタウンの戦いに、彼は重要な役割を果たした。翌年フランスに帰国すると「新大陸の英雄」と称えられ、一躍名声を得た。
ラファイエット(wikipedia)

 

アメリカ独立戦争が1775年に始まると、ブルボン朝フランスの膠着した社会で改革を夢見ていたの若い貴族ラ=ファイエット侯爵(20歳)は大きな刺激を受けた。彼は1777年、国王ルイ16世の禁止にもかかわらず、フランスを離れ、スペインのパサヘス港から出航、アメリカに着いて、ワシントン将軍に合流した。7月31日アメリカ大陸会議によって陸軍少將に任命される。自費で部下の装備を補充し、兵士と苦楽をともにし、勇敢な将校として戦功をたて、ワシントンに次ぐ人気を得た。ラ=ファイエットの父は彼が2歳の時、七年戦争で戦死したので、それに対する復讐という反英感情があった。
ラファイエット(世界史の窓)

 

つまり、アメリカ独立戦争に際してフランスに支援を求めたベンジャミン・フランクリンに共鳴した彼は、自身の意志で戦いに加わったんですね。義勇兵は金銭的な見返りを求めずに戦う戦闘員のことですから、彼がどれほどアメリカ独立戦争に衝撃を受け、ベンジャミン・フランクリンに共鳴を受けたかが分かります。

こうしてアメリカ独立戦争に加わり、前線で戦うこととなったラファイエットは、アメリカでも人気者…という訳です。“Yorktown (The World Turned Upside Down) ”に、

 

LAFAYETTE:
Immigrants

HAMILTON/LAFAYETTE:
We get the job done
―ブロードウェイミュージカル “Hamilton” より “Yorktown (The World Turned Upside Down)”(作詞:Lin-Manuel Miranda)

 

という台詞がありますが、ここで歓声が上がるのも大きく頷けます。

ここでラファイエットがハミルトンと何て言っているか分かりますか?「移民よ、俺たちで(仕事/戦争に)方をつけちまおうぜ」です。これはカッコいい!何故なら、ラファイエットはフランス人で、ハミルトンは小さなカリブ海の島から来た移民だからです。この台詞はこの2人が言うからこそ味が出る私も好きな台詞の1つで、この台詞では必ず鳥肌が立ちます(笑)。

 

ヨークタウンの戦いで、ラファイエットはアメリカの軍隊を指揮し、その活躍が認められて人気者になったんですね。ちなみに、フランス革命でも活躍していることから、「両大陸の英雄」とも呼ばれているようですよ。

 

ラファイエット侯爵マリー=ジョゼフ・ポール・イヴ・ロシュ・ジルベール・デュ・モティエ[1][2](Marie-Joseph Paul Yves Roch Gilbert du Motier, Marquis de La Fayette、1757年9月6日 – 1834年5月20日)は、フランスの侯爵で、軍人、政治家である。アメリカ独立革命とフランス革命の双方における活躍によって「両大陸の英雄」(The Hero of the Two Worlds、le héros des deux mondes)と讃えられた。
ラファイエット(wikipedia)

 

それにしても、ベンジャミン・フランクリンって、すごい人なんですね。アンジェリカが歌う“Satisified”にも登場するんですよ。どのように触れられているかはこちらの記事をご覧ください。

 

 

 

ハミルトンとの関係

ラファイエットとハミルトンの交友関係がどのように描かれているかは別の機会に書くとして、ここではミュージカル内では書かれていない関係について紹介します。

 

In all, Alexander and Elizabeth had eight children in twenty years. On top of that, they took in other children who needed a home. In one case, the daughter of a fellow King’s College graduate and Revolutionary War veteran stayed with the Hamiltons for ten years after her mother died an her father fell on hard times. In another example, they took in the Marquis de Lafayette’s son while his father was imprison after the French Revolution.
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton’s World(p.9)

 

ハミルトンとエリザベスの間には20年間で8人の子どもに恵まれましたが、身寄りのない子ども達の面倒も見ていたようです。それに加えて面倒を見ていたのがラファイエットの息子のこと。ラファイエットがフランス革命で刑務所に送られていた時期に、世話をしていたとのことですよ。

こんなこともあっただなんて、この時代は本当に目まぐるしいですね。

また新たなことが分かったら追記していきます!

 

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

『ハミルトン(Hamilton)』曲一覧

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】Hamilton (2CD) [ Original Cast (Musical) ]
価格:3775円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)