アレクサンダー・ハミルトンとは?①出生と有名になった地

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より“Alexander Hamilton”の英語歌詞を見てみると、アレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton)がどんな人物だったのかが分かります。

今回は彼の出生と有名になった土地をご紹介します。

全曲がラップ調の歌詞で構成されたヒップ・ホップミュージカル『ハミルトン』。その人気の高さに早速CDを購入した方も多いのではないでしょうか?

『ハミルトン』はアメリカ建国の父の1人となったアレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton)の生涯を描いた作品ですが、日本人の我々としては、正直馴染みがありません。

せっかく歴史上の偉人にまつわる話なのですから、どんな人物なのかしっかり押さえてから鑑賞したいですよね?

今回はそんな主人公ハミルトンの人物像が分かる歌詞を“Alexander Hamilton”から抜き取って解説していきますよ。

※『ハミルトン』を理解する上で、「ラップ」の知識は欠かせません。こちらの記事をご覧になっていない方は先にご覧ください。理解が深まりますよ!

 

 

ハミルトンの出生

両親について

最初の曲“Alexander Hamilton”は、登場人物がそれぞれの立場からアレクサンダー・ハミルトンを説明する歌詞内容となっています。冒頭のアーロン・バー(Aaron Burr)が歌うパートを見ていきましょう。※韻を踏んでいるところは赤文字にしています。

 

How does a bastard, orphan, son of a whore and a
Scotsman, dropped in the middle of a forgotten
Spot in the Caribbean by Providence, impoverished, in squalor
Grow up to be a hero and a scholar?
―ミュージカル“Hamilton”より“Alexander Hamilton”

 

…うー。最初っからスラングが使われていますね。アーロン・バーはハミルトンの生涯のライバルで、ハミルトンは彼との決闘の末、人生に幕を閉じます。

バーは初めこそハミルトンを嫌ってはいませんでしたが、自身が出世をしていく上でハミルトンが邪魔になります。そんなこともあり、この初めのフレーズは相当汚いことを吐いています。

どの辺が汚いか…“bastard”と“son of a whore”です。“son of a whore”は“son of a bitch”と同じ意味で、それぞれこういう意味になります。

 

  • bastard…くそったれ
  • son of a whore(bitch)…くそ野郎(直訳すると「娼婦の息子め」)

 

これらはものすごく汚い言葉ですから、絶対に使わないでください(汗)!分かりやすい説明は次のリンクを見て頂ければと思いますが、それぞれ特に男性に使うことが多いです。究極的に相手を侮辱し、馬鹿にする言葉です。

ちなみに、“son of a whore(bitch)”を直訳すると「娼婦の息子」という意味になりますが、ハミルトンの母親が娼婦だった訳ではないんですね。「尻軽な女から生まれた奴め」というニュアンスになり、ハミルトンを相当侮辱していると分かります。

 

このスラングが分かったところで、フレーズを3つに分けてみましょう。ラップであり、韻を踏む関係から、フレーズの区切りが通常の文章とは違った形になって見ますが、今回はこう分けると分かりやすいですよ。

 

  1. How does a bastardorphan, son of a whore and a Scotsman
  2. dropped in the middle of a forgotten spot in the Caribbean by Providence impoverished in squalor
  3. grow up to be a hero and a scholar?

 

ものすごく長い一文のように見えますが、ここは“How does ~ grow up to be a hero and a scholar?”という文章構成になっています。まずここだけ考えれば難しくないですね。「どうやって~は英雄と学者として成長したのだ?」という意味になります。

「~」の部分が「アレクサンダー・ハミルトン」だとはすぐにお分かりになったと思いますが、これを簡単に「ハミルトン」と言わないのが、この歌詞の奥深いところ。ハミルトンのことを嫌うバーの私見の入り混じったハミルトン像が、ここで歌われているのです。では、それはどういうことなのでしょうか?

 

  • bastard…くそったれ
  • orphan…孤児
  • son of a whore and a Scotsman…娼婦とスコットランド人の(間にできた)息子

 

ハミルトンは早くに両親を亡くしているので、孤児であることは事実です。また、父親もスコットランド人でした。母親はフランス系だったそうですので、半分は罵りですね。

両親について詳しく知りたいという方は、是非こちらの記事も併せてご覧ください。

 

 

ハミルトンが有名になった地

これに続く歌詞は、「貧しさとさもしさの中、どのようにカリブ海ど真ん中の忘れ去られた土地に辿りつき…」となっています。しかも、“Providence(神の配慮で)”とありますから、こんな土地に辿りつけるのは奇跡的だという意味が含まれますね。

よって、ここで書かれているのは「どうやったら、くそったれの、孤児の、くそ女とスコットランドの息子が、貧しいにもかかわらず神の配慮でカリブ海の島に辿りつき、英雄かつ学者に成長できたんだ?」というニュアンスになり、バーの嫉妬と嫌悪が入り混じったフレーズになっています。

これはバーという人物がハミルトンにどんな感情を持っているか分かると同時に、ハミルトンの出生と出世を一度に説明していて、非常に分かりやすくインパクトのあるフレーズになっています。

これがミュージカルの一番最初のフレーズですから、かなり衝撃的で印象に残りますよね。

さて、ニュアンス説明のことろで「カリブ海の島」と書きましたが、実際ハミルトンは孤児になった後、カリブ海のセント・クロイ島で生活するようになりましたから、“in the middle of a forgotten spot in the Caribbean”とはこの島のことを指します。

少しややこしいのが、ハミルトンの生まれはカリブ海にある「ネイビス島(現在のセントクリストファー・ネイビス)」だということです。ネイビス島もセント・クロイ島もカリブ海にある島ですので、この歌詞内にある“in the middle of a forgotten spot in the Caribbean”がネイビス島である可能性も考えましたが、“drop in”に「ひょっこり訪ねる、ちょっと尋ねる」という意味があり、「生まれる」という意味が無かったので、セント・クロイ島で間違いないでしょう。

「高貴な生まれでもない知らない奴が、忘れかけられたセント・クロイ島にひょっこり現れ、有名になった…」という、ハミルトンに対する皮肉が読みとれますね。

では彼が何故有名になったか…については、次の記事をご覧ください。

 

 

wikipediaと比較してみよう

さて、この歌詞はバーの感情が入っているので、wikipediaに書かれている内容を照らし合わせてみるとより事実が浮き彫りになってきて分かりやすいですよ。歌っている内容の補足情報にもなりますので、是非併せてご覧ください。

 

ハミルトンは英領西インド諸島のネイビス島に生まれる。

父親はスコットランド貴族の四男だが、ハミルトンが生まれたときはカリブ海の小さな島の一商人にすぎず、しかものち破産し零落していく。母はフランスのユグノーの子孫という。

アメリカ合衆国の「建国の父」たちは皆、成功した入植者からの名門富裕層の出であったが、誇るべき家柄も無く内縁関係の両親の間に生まれたハミルトンは例外とも言える存在であった。
1768年に兄とともに孤児となり、ニューヨーク商人のクルーガーとビークマン所有のセント・クロイ島にある店で働きはじめ、4年後には店主に代わって店を任されることもあり、その経営能力は高く評価されていた。
アレクサンダー・ハミルトン(wikipedia)

 

いかがですか?次のようなことが、実際歌詞内で歌われていると分かりますね。歌詞内で歌われていることとほぼ一致しますよね。これだけのことをあれだけ端的に、しかもバーの感情も含めて歌っているのですから凄いフレーズだなと改めて感じます。

では他にはどんなことが歌われているのか…気になる方はこちらからご覧ください。

 

 

ネイビス島とセント・クロイ島の位置関係

先に説明した通り、ネイビス島/Nevisもセント・クロイ島/Saint Croixも、いずれもカリブ海にある島です。その2つの位置関係を地図でご確認ください。

 

♪『ハミルトン』の曲一覧はこちらから:ハミルトン/英語歌詞を徹底分析!

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です