Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パリのアメリカ人/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人(An American in Paris)』の英語歌詞を「日本語で理解できたら良いのに…」と感じている、そこのあなた!

当サイトでは、そんなあなたのために英語歌詞を徹底分析致しました。日本語歌詞では訳しきれていない内容や、言い換えられている点、実在する場所など、あらゆる視点で細かく丁寧に紹介しております。

好きな曲名をクリックして、新しい発見に出会って下さいね。

作品紹介

あらすじ

第二次世界大戦後のフランス、パリ。

アメリカの軍人だったジェリーは画家として生計を立てていくことに決め、パリに留まります。戦後の暗い街並みから徐々に明るさを取り戻していくパリの狭間で、彼は1人の女性に一目惚れ。それがフランス人のリズでした。

ある日立ち寄ったカフェで、同じくアメリカ軍人であり今は作曲家を目指しているアダム、エンターティナーとして活躍することを夢見るフランス人のアンリと出会い、3人は親友に。そしてアダムに連れられて見学へ行ったバレエスタジオで、ジェリーはまたもやリズに出会います。彼女の踊りを見て、彼女に恋をするジェリーとアダムでしたが、実は彼女はアンリがプロポーズしようとしている人物でした。

そんなことはつゆ知らず。同じくその場にいたアメリカ人の富裕層マイロが、リズのダンス、ジェリーのデッサン、アダムの音楽を目にし、この3人の才能を認め3人を起用した舞台をやりたい、もしやるならばお金は寄付をすると申し出ます。

思わぬ人生の転機に心も弾むジェリー。そして、どことなく影があるリズへの恋で有頂天になる中で、マイロがジェリーへの距離を徐々に縮めていくことに気が付きませんでした。

恋愛感情が交差する中で、夢と現実を行き来しながら生きる5人を、ガーシュウィンの素晴らしい音楽に歌と踊りをのせながら美しくスタイリッシュに描いた作品です。

 

ブロードウェイ

 

劇団四季

 

曲順/解説記事

ACT1(1幕)

  1. Concerto in F
  2. I Got Rhythm(アイ・ガット・リズム)
  3. Second Prelude
  4. I’ve Got Beginner’s Luck
  5. The Man I Love
  6. Liza
  7. ‘S Wonderful
  8. Shall We Dance?
  9. Second Rhapsody / Cuban Overture

 

ACT2(2幕)

  1. Entr’acte
  2. Fidgety Feet
  3. Who Cares? / For You, For Me, For Evermore
  4. But Not for Me
  5. I’ll Build a Stairway to Paradise
  6. An American in Paris
  7. They Can’t Take That Away from Me
  8. Epilogue

 

作品鑑賞

 

まとめシリーズ

 

やってみたシリーズ

執筆中

 

オーディション情報

 

登場人物

Lise Dassin(リズ)

 

Jerry Mulligan(ジェリー)

Milo Davenport(マイロ)

 

Adam Hochberg(アダム)

 

Henri Baurel(アンリ)

 

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『パリのアメリカ人(An American in Paris)』曲一覧

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください