Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『キャッツ』に登場する『ディック・ウィッティントンとねこ』とは

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats(ジェリクルソング)”や“Gus:The Theatre Cat(ガス – 劇場猫)”の英語歌詞を見てみると、登場人物にはいないWhittington/ウィッティントンという人の名前が出てきます。

イギリスで知らない人はいない彼と猫のお話。これを押さえておくと、イギリスで『キャッツ』を観る時の味わいが変わってくるかもしれません!

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats”/作詞:Trevor Nunn & Richard Stilgoe * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「ジェリクルソング」/訳詞:浅利慶太】
【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Gus:The Theatre Cat”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「ガス – 劇場猫」/訳詞:浅利慶太】

ウィッティントンについて触れている歌詞

Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats(ジェリクルソング)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

Were you Whittington’s friend?
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats”(作詞:Trevor Nunn & Richard Stilgoe)

 

また、“Gus:The Theatre Cat(ガス – 劇場猫)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

And I once understudied Dick Whittington’s cat
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Gus:The Theatre Cat”(作詞:T.S. Eliot)

 

どちらもWhittington(ウィッティントン)という人の名前が出てきますが、我々日本人には馴染みがないですよね?ウィッティントンの友達であること(“Whittington’s friend”)や、ウィッティントンの猫の代役を務めること(“I once understudied Dick Whittington’s cat”)がそんなに重要なことなんでしょうか?

結論から先に言いましょう。はい、とても重要なんです!

Dick Whittington/ディック・ウィッティントンとはイギリスの昔話“Dick Whittington and his cat(『ディック・ウイッティントンとねこ』)”の主人公です。貧しかったこの主人公が、猫と出会うことで人生が大きく変わるという、イギリス人なら誰でも知っている有名なお話しらしいですよ。

 

 

『ディック・ウイッティントンとねこ』のあらすじ

イギリスのとある村に住んでいたウィッティントンは、早くに両親を亡くし、一人貧しく生きることとなった。村全体が貧しかったため、養ってもらうあてはなかったが、ある時ロンドン行きの馬車に乗せてもらえることとなり、ロンドンへ向かう。

ロンドンに着いてからも、苦労続きだったが、船で貿易をしている主人に料理番として働かせてもらえることとなる。主人は優しかったが、一緒に働くこととなった料理女の性格が悪く日々いじめられた。

寝る場所も屋根裏で、ネズミが出るのに悩まされたウィッティントンは、毎晩なかなか寝付けずにいた。ある時主人がわずかながらもお金をくれ、そのお金でネズミ退治の猫を買うことになる。

この猫は非常に賢く、よく働き、その日からネズミに悩まされることはなくなった。しかし、主人が貿易船に出す品を家族全員から徴収する際、猫しか所持していないウィッティントンはそれを品として出さなければいけなくなる。

唯一のよりどころをなくしたウィッティントンは、主人の家から抜け出してしまう。

途中、教会の鐘が鳴り、その音が自分を呼び戻すように聞こえたため戻ってみると、貿易船に乗った猫が大きな手柄を得たという知らせが入る。なんと、船上でネズミが大量発生したので猫が退治したところ、それを気に入った富豪が大金で猫を買ったというのだ。

その大金はウィッティントンのものとなったが、正直なウィッティントンは、一度主人にそのお金を渡しましたが受け取らなかったたため、主人の家族全員と猫の世話をしてくれた船乗りにたっぷりとお礼をした。

その行為を気に入った主人は、娘とウィッティントンを結婚させ、ウィッティントンは一躍有名になり、最終的には市長にもなる。

 

…なるほど。

確かにこの猫は重要な役どころですし、この役を演ずるのは名誉ですね!ディック・ウィッティントンと友達になるということも、とても自慢できることだといえそうです。

この作品を理解するのに、私も参考にさせて頂いた記事を以下に挙げますので、是非併せてご覧ください。

 

余談ですが、そんな有名な物語でもあるからでしょうか、“The Whittington & Cat”というホテルがイギリスにあるのをみつけました!

ホームページを見ると、レトロで素朴な感じがイイです…:The Whittington & Cat(ホテル)

とっても気になります!CATSの曲を聴きながら泊まりたいものですね♪

 

 

Dick Whittington and His Cat(Runway Theatre Company, Eastwood Park Theatre, Glasgow, Scotland)

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『キャッツ(CATS)』曲一覧



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇団四季/劇団四季ミュージカル CATS オリジナル・キャスト
価格:5138円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください