Heaven’s Lightとは何のこと?歌詞前半で歌われているその意味とは

ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“Heaven’s Light(天国の光)”の英語歌詞を見てみると、Quasimodoがある様子をHeaven’s Light(天国の輝き・天の輝き)と表現していることが分かります。彼の言うHeaven’s Lightとは一体なんのことなのでしょうか?歌詞を読み解いてみましょう。

※CDでは上演される一部の曲しか収録されていないため、本サイトでは、曲名・曲順・歌詞は全て上演内容に順じています。参考サイトは次の通りです。CDの内容とは一部異なりますので予めご了承下さい。(参考サイト:LYRICS TO DISNEY’S HUNCHBACK OF NOTRE DAME MUSICAL (LA JOLLA PLAYHOUSE AND PAPER MILL PLAYHOUSE)

Heaven’s Lightの歌詞の中身を見てみましょう。こちらは歌詞の前半部分のフレーズです:

So many times out there
I’ve watched a happy pair
Of lovers walking in the night
They had a kind of glow around them
It almost looked like heaven’s light
I knew I’d never know
That warm and loving glow
Though I might wish with all my might
No face as hideous as my face
Was ever meant for heaven’s light
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Heaven’s Light”

  • out there…あちら、外には、世の中には
    (“ノートルダムの鐘”に、まさにOut Thereという音楽がありますよね。ここでは、ノートルダム大聖堂から外に出たことのないQuasimodoから見た“out there”なので、「外の世界」や「世の中」という解釈をするとよいでしょう。)
  • happy pair of lovers…幸せな恋人同士
    pair自体に「カップル、2人組み」という意味合いがありますので、「幸せな恋人同士」という解釈でよいでしょう。)
  • kind of glow…輝きのようなもの
  • almost looked like…ほとんど~のように見えた
  • That warm and loving glow…あの温かくて愛に満ちた輝き
  • hideous…醜い

Quasimodoはノートルダム大聖堂の中からパリの街を見渡し、数多くの幸せな恋人達が夜歩いているのを目にしてきました。そんな時、彼の目には2人を包む輝きのようなものが見えたと言っています。それが「Heaven’s Light(天の輝き)」です。彼が言うHeaven’s Lightというのは、恋人同士を包む温かい輝きのことだと分かりますね。

その後に歌われているのは、「しかしそのHeaven’s Lightは僕には関係ない」という内容です。彼の醜い顔では、彼がどんなにそのHeaven’s Lightを望んでも、自分にとっては意味のないことで、それを知ることもない…そう考えていた訳ですね。

しかし、その考えはEsmeraldaとの出会いによって変わります。この音楽の後半、どんな風に変わるかは、次の記事で説明しますね:自分とは無縁だと思っていたHeaven’s LightをQuasimodoは何故体験できたか?


*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts

⇒ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です