映画が好きな方向けのお仕事③支える

こちらのページでは、「支える者として映画に関わりたい!」という方向けに、各仕事について簡単にまとめています。「仕事についてもっと知りたい!」という方は、各職種名のリンクから詳細を確認してみて下さいね。

また、文字だけじゃ分からない…!個人的にもっと細かいことを相談したい…!という方は、個別に相談も受け付けております。メールでご相談承りますので、まずはお気軽に以下「問い合わせページ」よりお問い合わせください。

 

⇒進路についてよくある質問は、こちらからご覧ください。

予告編制作

映画の予告編を作る人。予告編のほとんどが専門会社で作られており、映画の魅力をキャッチコピーにしたり、映像にしたりする。宣伝材料として、非常に重要度の高い仕事だ。

 

映画字幕翻訳

海外の映画作品に日本語の字幕をつける人。文字数も決められている中で、シーンの印象を損なうことなく分かりやすく翻訳しなければならない。外国語はもちろんだが、日本語の文章力が必要とされる仕事である。幅広い知識や経験が必要だが、活躍の範囲は比較的広い。

 

方言指導者

方言を使った台詞を指導する人。時代や地域によって方言が変わるため、イントネーションを指導したりする。リハーサルや本番も立ち会い俳優の方言の言い方に間違いがないかも確認していく。



★お仕事一覧はこちらから:舞台関係の仕事って?

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です