音楽が好きな人向けのお仕事④運営する/運営者

こちらのページでは「運営者として音楽に関わりたい!」という方向けに、各仕事について簡単にまとめています。

「仕事についてもっと知りたい!」という方は、各職種名のリンクから詳細を確認してみて下さいね。

 

「文字だけじゃ分からない…!個人的にもっと細かいことを相談したい…!」という方は、個別に相談も受け付けております。

メールでご相談承りますので、まずはお気軽に以下「問い合わせページ」よりお問い合わせください。

 

* 進路についてよくある質問は、進路相談からご覧ください。

 

コンサートプロモーター

 

コンサートやライブの収支が黒字になるようにマネジメントする人のこと。

確実にかかる費用を把握した上で入場料を設定し、動員数を予測しながら会場を選定していく。

情報収集力と分析力が必要で、海外アーティストの公演を行う際には、語学力、人脈、海外の商業的な知識が必要。

 

インペグ屋

 

インスペクターの略。

レコーディングやライブにおけるスケジュールや報酬の調整を行い、ミュージシャンの斡旋やコーディネートをする仕事。

音楽業界出身者がほとんどで、ネットワークがあることが重要視される。

 

コンサートプロデューサー

 

コンサートやライブの全体を管理し、準備から終了まで全ての責任を負う人。

概要(規模、内容、時期、場所など)を考えた上で予算を出し、舞台監督や各部署の業者を決めて準備を行う。

コンサート制作会社などでアルバイトをし、経験を積み重ね、能力が認められてプロデューサーになるケースが多い。

 

イベントプランナー

 

イベントの企画・立案を行う人。

何のためにイベントを行い、どういう形式で行うことが効果があるかを考え、検討と決断を繰り返す。

ターゲットの把握が重要で、開催した結果、効果を得ることが出来なければならない仕事。

イベントプランナーとイベントプロデューサーを兼任することもある。

 

イベントプロデューサー

 

イベントの企画・運営を統括する責任者のこと。

企画立案から会場の手配、設営、スタッフ・スポンサー集め、出演者交渉、宣伝活動、予算管理とイベントに関わる全ての仕事を行う。

企画力だけでなく、判断力や行動力も求められる仕事だ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください