Liza/英語歌詞を徹底分析!

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人(An American in Paris)』より“Liza”の英語歌詞を見てみると、リズに対して積極的にアプローチをするジェリーの姿を見ることができます。

彼はどんなことを歌ってリズの気を引こうとしているのでしょうか?

【ブロードウェイミュージカル“An American in Paris”/“Liza”/作詞:Ira Gershwin】

2人を取り囲む光景

まず初めに押さえておきたいのは、この物語のヒロインが“Lise(リズ)”というフランス人女性だという事。しかしこの曲では、主人公のジェリーが彼女のことを“Liza(ライザ)”と英語的な呼び方をし続けるという点にあります。曲の途中途中でリズが「リズ!」と名前を訂正しながらも、最後には彼の呼び方を許容するほどに心が近くなる点が見どころです。

最初のブロックで歌われているのは、ジェリーとリズを取り囲む光景。川沿いで歌う曲ですから、恐らくセーヌ川の畔で歌っているのでしょう。

 

Moon shinin’ on the river come along, my Liza
Breeze singin’ through the treetops come along, my Liza
Somethin’ mighty sweet I want to whisper sweet and low
That you ought to know, my Liza
―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “Liza”(作詞:Ira Gershwin)

 

光景を表しているのは次の2か所ですね。

 

  • Moon shinin’ on the river…月は川の上で輝いている
  • Breeze singin’ through the treetops…そよ風は梢で歌っている

 

“singin’”も“dancin’”も“somethin’”も“~ing”を省略した言い方で、ミュージカル歌詞の中では度々登場するので覚えておきましょう。

“somethin’ mighty sweet”は「何かとても甘いもの」という意味ですが、恐らくこれは「リズ」の名前のことを指していて、その名前を“I want to whisper sweet and low(甘く低く囁きたい)”と言っているんですね。とてもオシャレな表現です。

 

ひとりにしないで

ジェリーは続いてこんな風に歌っています。

 

I get lonesome, honey, when I’m alone so long
Don’t make me wait, don’t hesitate, come and hear my song
―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “Liza”(作詞:Ira Gershwin)

 

“honey(ハニー)”とはもちろんリズのことですね。途中で呼びかけているためにこの単語がフレーズ内に入っていますが、元の文章は“I get lonesome when I’m alone so long(あまりに長い間ひとりだと、僕は心細くなるんだよ)”です。ですから、リズにはこう呼びかけています。

 

  • Don’t make me wait…僕を待たせないで
  • don’t hesitate…ためらわないで
  • come and hear my song…こっちに来て僕の歌を聴いてよ

 

少し内向的なリズに対しては、これくらい積極的な方が気持ちに揺さぶりをかけられそうですね!

 

 

リズといると…

リズに対してとても積極的なジェリーですが、彼のアピールは更に続きます。

 

Liza, Liza, skies are gray
But if you smile on me all the clouds’ll roll away
Liza, Liza, don’t delay
Come, keep me company, and the clouds’ll roll away

See the honeymoon a-shinin’ down
We should make a date with Parson Brown

So, Liza, Liza, name the day when you’ll belong to me
All the clouds’ll roll away
Liza, Liza, name the day when you’ll belong to me
All the clouds’ll roll away
―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “Liza”(作詞:Ira Gershwin)

 

ここでは、彼がリズといるとどんなことが起こるのかが歌われています。

 

  • skies are gray→But if you smile on me all the clouds’ll roll away
  • don’t delay→Come, keep me company, and the clouds’ll roll away
  • name the day→when you’ll belong to me, all the clouds’ll roll away

 

まず、見て頂いてお分かりいただける通り、いずれのフレーズにも“the clouds’ll roll away”というフレーズが入っています。これは“the clouds will roll away”で「雲はいなくなってしまう」という意味で、つまり「曇っていた天気も晴れ渡る」というニュアンスになんですね。状況に照らし合わせながらどんな時にそうなるかを見ていきましょう。

 

  • skies are gray→But if you smile on me…曇り空(空が灰色)でも、君が笑えば
  • don’t delay→Come, keep me company…遅れをとらないで、こっちへおいで、僕と付き合って
  • name the day→when you’ll belong to me…結婚の日取りを決めよう、君が僕のものになった時

 

ここで押さえておきたいのは次の2つのフレーズでしょう。

 

  • keep me company…付き合う
  • name the day…結婚の日取りを決める

 

いずれもこういう意味だとは初めて知りました!もう、積極的も良いところですよね(笑)。リズが笑って、ジェリーと付き合って、結婚してくれれば、空は晴れ渡るのだということです。なんて幸せな歌詞なんでしょうか!

 

Parson Brownって誰?

さて、とても幸せな歌詞ですが、1つ分からないものがあります。それは“Parson Brown”についてです。

 

See the honeymoon a-shinin’ down
We should make a date with Parson Brown
―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “Liza”(作詞:Ira Gershwin)

 

2行目を見る限り“we should make a date with Parson Brown(パーソンブラウンと一緒にデートをしよう)”と歌っており、突然心が穏やかではなくなります…。この曲はジェリーがリズにアプローチをする曲なのにも関わらず、何故突然知らない人物が出てくるのでしょうか…!?

そんなに重要な人物かと、半ば血眼になって調べてみたところ、そんな人物はおらず…見つけたのは「オレンジ」でした。オレンジ?あの果物の?と思ったことでしょう。そうなんです、果物のオレンジです。

オレンジの品種の1つにパーソン・ブラウンがあります。何故ここでオレンジが出てくるのか?とお思いでしょうが、その直前の歌詞を見てください。“See the honeymoon a-shinin’ down(美しい月が輝いているよ)”となっています。恐らくこの日の月は満月だったのでしょう、それをオレンジに例えたジェリーは「その月と一緒に(月の下で)デートしようよ」と歌っているんですね。

なるほど、これで一安心!ひとつひとつの言葉から豊かな表現力と愛情を感じることができますね。

(2018.11.10追記:“Parson Brown”に別の解釈があることが分かりました!読者様からコメントを頂いているので、是非文末のコメントも併せてご覧ください。)

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『パリのアメリカ人(An American in Paris)』曲一覧


2件のフィードバック

  1. ともみ より:

    初めまして。いつも楽しく読ませて頂いています。
    person brownの訳について、私は別解釈をしていたのでコメントさせて頂きました。

    Person brownのpersonというのは牧師さんのことで、Person brownで「ブラウン牧師」となります。ですがこのブラウン牧師は特定の人を指すわけでなく、曖昧に牧師さんと呼びたい時に使われるようです。
    つまり、おおまかに訳すると「ブラウン牧師牧師とデートしよう」=結婚しよう、となるのではないかと思います。
    それに合わせて、上の行はhoneymoon(新婚旅行)をmoon(月)を掛けて、a-shining downと続けたのではないかと思いました。

    差し出がましくコメントで失礼しました。
    ほかの曲の解説も楽しみにしています。

    • あきかん より:

      ともみ様
      こんにちは。いつもサイトまでお越しいただいているということで、有難うございます。大変励みになります!コメントも頂けて、とても嬉しいです。
      ちなみに本題に入る前に…“person brown”ではなく“parson brown”ですよね?一応、念のため確認でした。

      さて本題です。確かに、調べてみると“parson brown”でご指摘の意味がありました。
      Parson Brown
      なるほど、これは知らなかったです。確かに、こういう意味があると分かれば、ともみ様の解釈も当てはまりますね!とても参考&勉強になりました。
      記事内にはこういった解釈もありそうだということで、こちらのコメントを見て頂くように誘導しておきますね。

      今後も何かお気づきになることがありましたら、お気軽にコメントください。
      引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください