マキャヴィティ…その名前の由来と意味

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』に出てくる、マキャヴィティ…「犯罪王」と呼ばれる彼。

原作本『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』を読んでみると、なかなか意味の深い名前を持っていることが分かりました。

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Macavity:The Mystery Cat”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「マキャヴィティ – 犯罪王」/訳詞:浅利慶太】

原作本を読んでみると、マキャヴィティの名前の由来について説明されていましたよ。

 

この名前のソースは2つ考えられる。
1つは、イタリアの策謀政治を提唱した政治家マキャヴェリ、Machiavelliである。もう1つは、コナン・ドイルの、『シャーロック・ホームズ最後の事件』(1893)に登場する、学者犯罪人、ジェームス・モリアーティ教授である。
詩のマキャヴィティのモデルとしては、後者に、かぎりなく近いが、ネーミングの上では、この2つの名前を合成したものであろう。
―T.S.エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(p.22)

 

何やら長々と書いてありますが、どちらも恐ろしい存在だということは確かです。

策謀、政治家、学者、犯罪人…どれも頭のキレる存在で、マキャヴィティのキャラクターにピッタリの要素ですね。

引用内では、後者に限りなく近いモデルなのは、Professor James Moriarty(ジェームス・モリアーティ教授)だとあります。このモリアーティ教授は名作『シャーロック・ホームズ』に出てくる悪役です。

Sir Arthur Ignatius Conan Doyle(アーサー・コナン・ドイル)もT.S.エリオットもイギリスの作家ですから、同国の作家として『キャッツ』の原作者T.S.エリオットはコナン・ドイルの作品から影響を受けたのでしょう。

名前は2者の合成ですが、内面的モデルはアーサー・コナン・ドイルの作品から得ていますから、とっても贅沢な名前であると同時に、贅沢なキャラクターだなと感じました!

モリアーティ教授とマキャヴェリについてのまとめはこちらをご覧ください。

 

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『キャッツ(CATS)』曲一覧



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇団四季/劇団四季ミュージカル CATS オリジナル・キャスト
価格:5138円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください