マンゴジェリーとランパルティーザが起こした、夕食事件の一部始終

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Mungojerrie And Rumpelteazer(マンゴジェリーとランパルティーザ/小泥棒)”の英語歌詞を見てみると、2匹が夕食中に起こした事件のことが描かれています。

今回は、日本語歌詞内ではあまり触れられていないその一部始終と、夕食のメニューについてご説明しますよ。

※全体を読みやすくするため記事の構成を変更致しました。(2017.7.9)

dinnerとsupperの違い

Mungojerrie And Rumpelteazer(マンゴジェリーとランパルティーザ/小泥棒)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

When the family assembles for Sunday dinner
With their minds made up that they won’t get thinner
On Argentine joint, potatoes and greens
And the cook will appear from behind the scenes
And say in a voice that is broken with sorrow,
“I’m afraid you must wait and have dinner tomorrow!
For the joint has gone from the oven like that!”
―ミュージカル “CATS” より “Mungojerrie And Rumpelteazer”

 

まず、この夕飯で出されたメニューを見る前に“supper”と“dinner”の違いについて説明させて下さい。“supper”も“dinner”も日本語にするとどちらも「夕食」です。しかし、英語ではその意味が異なります。“dinner”は私たちがイメージする、いわゆる「しっかりとした夕食」ですが、“supper”は「軽い夕食」で「夜食」などの意味もあるそうですよ。

今回のシーンは“dinner(夕食)”での出来事ですが、“Mungojerrie And Rumpelteazer(マンゴジェリーとランパルティーザ/小泥棒)”の歌詞内にはsupper(軽い夕食)での出来事もあります。どんな出来事があったかについては、こちらの記事をお読み頂ければ分かりますよ。是非併せてご覧ください。

 

夕食のメニュー

それでは本題に入ります。まずは“dinner(夕食)”のメニューを説明しますね。“On Argentine joint, potatoes and greens”の部分です:

  • Argentine joint…アルゼンチン風骨付き肉
    Argentineは「アルゼンチン」、jointは「大きな肉の塊・関節」の意味。骨の付いた肉ですから、イメージとしては「骨付き肉」になりそうです。舞台はイギリスなのに、アルゼンチンで骨付き肉を夕食に食べるとは考えづらいので、アルゼンチン料理を振舞うレストランで骨付き肉を食べるところだということでしょう。ちなみにアルゼンチンという国は肉を主食と称する程、肉を食べる文化だそうですよ!Argentine jointの画像は次のGoogleの画像検索の結果をご覧ください:Argentine joint
  • potatoes…ポテト(じゃがいも)
  • greens…(レタスやキャベツなどの)葉物

 

がっつりとした食事を楽しむところなんですね~。2行目に“With their minds made up that they won’t get thinner”とありますが、これは「痩せるまいと気持ちを固めて」ということですから、尚更です。

そんな時に事件は起こります!

 

 

コックの嘆き

そうです、ご存知の通りコックがな悲痛に割れた声で「骨付き肉が消えてしまったこと」を口にします。

 

  • in a voice that is broken with sorrow
    ⇒悲痛に割れた声で
  • joint has gone
    ⇒骨付き肉が消えた

 

このコックの台詞で面白いのは“I’m afraid you must wait and have dinner tomorrow!”の部分です。「申し訳ありませんが、夕飯は明日まで待たざるを得なくなったようです」と泣き顔で言う姿が可哀そうながらも、ちょっと可愛いなぁと思ってしまいます。

「痩せるまい」とがっつく予定が、結局これらの料理を平らげたのはマンゴジェリーとランパルティーザの2匹。

やれやれ、随分と豪華な夕食にありつけたようですね。

♪『キャッツ』の曲一覧はこちらから:キャッツ/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

⇒“Mungojerrie And Rumpelteazer” 動画集はこちら☆・’

「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です