紳士も黙っていられない!マンゴジェリーとランペルティーザの行動

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Mungojerrie And Rumpelteazer(マンゴジェリーとランペルティーザ/小泥棒)”の英語歌詞を見てみると、「冷静な人も罵らずにはいられない」という表現があります。

一体2匹はどんなことをしたのでしょうか?

Mungojerrie And Rumpelteazer(マンゴジェリーとランペルティーザ/小泥棒)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

Mungojerrie and Rumpelteazer have a wonderful way of working together
And some of the time you would say it was luck
And some of the time you would say it was weather
We go through the house like a hurricane
And no sober person could take his oath
―ミュージカル “CATS” より “Mungojerrie And Rumpelteazer”

 

マンゴジェリーとランペルティーザのタッグは素晴らしく、まるで台風のように家の中を駆け巡ると歌われています。

そこで出てくるのが“sober person”です。これは「落ち着きのある人・冷静な人」という意味ですが、並大抵のことでは動じないこのような人も、“could take his oath(罵ることを我慢)”することなんてできないのです。

誰だって家の中を台風のようにかけぬけられたら、それはどんなに心穏やかで落ち着きのある人でも「コラァッ!」と言ってしまうでしょう。

やれやれ、困った猫ちゃん達です。

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

♪『キャッツ(CATS)』の曲一覧はこちら



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇団四季/劇団四季ミュージカル CATS オリジナル・キャスト
価格:5138円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)


「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください