猫が持っている4つの名前ってどんなもの?日本語と英語で比較

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Naming of Cats(ネーミング オブ キャッツ – 猫の名)”の英語歌詞を見てみると、猫には4つの名前があることが分かります。

4つの名前とは、それぞれどういう名前だと説明されているのでしょうか?

『キャッツ』を観る上で、絶対に押さえておきたいポイントですよ。

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Naming of Cats”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「ネーミング オブ キャッツ – 猫の名」/訳詞:浅利慶太】

 

「普通」の名前

 

1つ目は普通の名前、いわゆる家族や飼い主や呼ぶような名前(the name that the family use daily)です。

 

日本語

 

日本語ではこのように歌われています。

 

まずは普通に使われる名前
あなたが気楽につける名前

ベティ メリー フランク トム
平凡すぎてつまりません

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「ネーミング オブ キャッツ – 猫の名」(訳詞:浅利慶太)

 

ベティ、メリー、フランク、トムのような名前は

 

・普通に使われる名前

・(飼い主が)気軽につける名前

 

だということですね。

 

英語

 

英語はどうでしょうか?

 

First of all, there’s the name that the family use daily
Such as Peter, Augustus, Alonzo or James
Such as Victor or Jonathan, George or Bill Bailey
All of them sensible, everyday names

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Naming of Cats”(作詞:T.S. Eliot)

 

英語では次のように歌われていて、日本語と歌われている内容とほぼ同じだと分かります。

 

・the name that the family use daily…家族(飼い主)が日常的に使う名前

・All of them sensible, everyday names…いずれも分別のある、平凡な名前

 

飼い主(人間)が、何も考えずに気軽に付けてしまう名前が1つ目です。

 

「貴族的」な名前

 

2つ目は普通の名前よりも少し気取った品のある名前(fancier names)とでも言いましょうか。

 

日本語

 

日本語ではこうなっています。

 

もっと素敵な名前もある
貴族的にこってみると

クレオパトラ メディア
エリザベス シーザー
これもやっぱり平凡です

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「ネーミング オブ キャッツ – 猫の名」(訳詞:浅利慶太)

 

「クレオパトラ、メディア、エリザベス、シーザー」のような名前は、

 

・もっと素敵で貴族的にこった名前

 

だとしています。

 

英語

 

一方の英語を見てみましょう。

 

There are fancier names if you think they sound sweeter
Some for the gentlemen, some for the dames
Such as Plato, Admetas, Electra, Demeter
But all of them sensible everyday names

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Naming of Cats”(作詞:T.S. Eliot)

 

ここでは、Plato, Admetas, Electra, Demeterのような名前は、次のような名前だということが歌われています。

 

・There are fancier names if you think they sound sweeter…あなたがより美しい響きだなと思えば、より創造的な名前も存在はする

・Some for the gentlemen, some for the dames…いくつかは紳士のための名前、いくつかは淑女のための名前

・But all of them sensible everyday names…でもこれらも全て分別のある、平凡な名前

 

「先ほどよりは少しましにはなったけれど、やっぱりまだ平凡でつまらない名前だ」と言っていることが分かりますね。

飼い主(人間)が、ちょっとおしゃれで凝った名前だと思っているものが2つ目です。

 

 

「威厳」のある名前

 

3つ目の名前は大分猫の核心に近づいてきました。

猫が猫であるための威厳のある名前(A name that’s peculiar, and more dignified)です。

 

日本語

 

日本語ではこうなっています。

 

猫は独特な名前を求めている
もっと威厳のある名前

誇り高くいられるために
顔を上げて生きるために
こうした名前もあげておこう

マンカストラップ コリコパット
ボンバルリーナ ジェリーロラム

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「ネーミング オブ キャッツ – 猫の名」(訳詞:浅利慶太)

 

マンカストラップ~ジェリーロラムは『キャッツ』をよく観る観客にとっては聞き慣れた名前です。

…が、そうでなければ聞き慣れない名前ばかりですね(笑)。これらの名前は、

 

・独特な名前

・威厳のある名前

・誇り高く、顔を上げて生きていける名前

 

とされています。

 

英語

 

英語はでどう表現されているかというと、少し異なります。そして、情報量が多いです。

 

But I tell you a cat needs a name that’s particular
A name that’s peculiar, and more dignified
Else how can he keep up his tail perpendicular
Or spread out his whiskers, or cherish his pride?

Of names of this kind, I can give you a quorum
Such as Munkustrap, Quaxo or Coricopat
Such as Bombalurina, or else Jellylorum
Names that never belong to more than one cat

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Naming of Cats”(作詞:T.S. Eliot)

 

最初の2行を直訳するとこうなります。

 

・But I tell you a cat needs a name that’s particular…でも君に伝えておこう、猫には独特な名前が必要だということを

・A name that’s peculiar, and more dignified…奇妙で、もっと威厳のある名前が必要だということを

 

ここまでは、日本語でも触れられていました。しかし、ここからが訳されていなくて面白いところ。

 

・Else how can he keep up his tail perpendicular…そうでなければ、彼らはどうしてしっぽを垂直に維持し続けられるだろうか

・Or spread out his whiskers, or cherish his pride?…もしくはひげをピンと伸ばしたり、誇り高く生きることができるだろうか

 

どうです?

誇り高き猫の様子がとてもイメージしやすい歌詞になっていませんか?

「少し独特で変わった威厳のある名前がなければ、猫はしっぽやひげをピンと張って誇りを持って生きることなどできない」ということを歌っているんですね。しかも、

 

・Names that never belong to more than one cat…1匹以上には絶対に属さない名前

 

ですから、名前がかぶることはないのだとも歌っています。

飼い主(人間)主体の名前ではなく、猫が求める威厳ある名前というのが3つ目です。

 

「最高」の名前

 

最後に4つ目の名前です。これは、人間には言い当てることのできない最高の名前(the name that you never will guess)ですよ。

 

日本語

 

日本語ではこのように歌われています。

 

少し個性が出てきたけれど
ほんとうの名前は
残されたままなのだ

最高の名前は
かくされたままなのだ

人間には
この名前は見つけられない
人間の能力では発見できない

猫は知っている
告白はしない

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「ネーミング オブ キャッツ – 猫の名」(訳詞:浅利慶太)

 

ここで歌われているのは、4つ目の名前というのは、

 

・猫にとって本当の名前

・猫にとって最高の名前

・人間には見つけられない名前

・人間の能力では発見できない名前

・猫は知っているが口にしない名前

 

だということ。

 

英語

 

英語ではこのように説明されています。

 

But above and beyond there’s still one name left over
And that is the name that you never will guess
The name that no human research can discover
But the at himself knows, and will never confess

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Naming of Cats”(作詞:T.S. Eliot)

 

ここ、日本語とほとんど違いません。

 

・But above and beyond there’s still one name left over…しかしそれに加えて1つの名前がまだ残っている

・And that is the name that you never will guess…そしてそれはあなたが絶対に当てることの出来ない名前なのだ

・The name that no human research can discover…その名前はどんな人間も調査したり発見したりすることはできない

・But the at himself knows, and will never confess…しかし彼ら自身は知っている、そして絶対に明かしたりはしない

 

音数が限られているにも関わらず、この原文の内容をうまくまとめて訳すというのは、すごいことです。

4つ目は、飼い主(人間)に明かされない、猫だけが知る名前だということですね。

 

いかがでしたか?猫の名前にどのような種類があったかお分かりいただけたでしょうか?

街中で猫を見つけた時は、3、4つ目の名前まで想像してみてくださいね。

 

さて、ここで1点気にしたいことが1つ。

今回ご紹介した歌詞内で例に挙げている猫の名前が、日本語と英語で異なるということです。

例えば、同じパートで登場する猫の名前は、次のように異なっています。

 

・日本語…ベティ、メリー、フランク、トム

・英語…Peter(ピーター)、 Augustus(オーガスタス)、 Alonzo(アロンゾ)、James(ジェームズ)、 Victor(ヴィクター)、 Jonathan(ジョナサン)、George(ジョージ)、Bill Bailey(ビルベイリー)

 

何故、猫の名前を日本語では変えているのでしょうか?

それについて考えてみましたので、是非こちらの記事も併せてご覧くださいね。

 

その他“Naming of Cats(ネーミング オブ キャッツ – 猫の名)”の歌詞解説や、ミュージカル『キャッツ』についてはこちらの記事をご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください