ジェニエニドッツってどんな猫?英語で書かれるその外見とは?

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Old Gumbie Cat(ジェニエニドッツ/おばさん猫)”の英語歌詞を見てみると、ジェニエニドッツの外見について丁寧に説明されています。

ジェニエニドッツの見た目はどんなものなのでしょうか?

※読みやすさ改善のため一部更新致しました。内容的な変更はございません。(2017.7.9)

本名とあだ名を区別しよう

Old Gumbie Cat(ジェニエニドッツ/おばさん猫)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

I have a Gumbie Cat in mind
Her name is Jennyanydots
Her coat is of the tabby kind with tiger stripes and leopard spots
―ミュージカル “CATS” より “Old Gumbie Cat”

 

外見を知る前にまず知っておきたい事は彼女の名前です。

“Old Gumbie Cat(オールド・ガンビー・キャット)”とはあくまでもニックネームのような呼び名であり、おばさん猫の実際の名前は“Jennyanydots(ジェニエニドッツ)”だということです。2行目の“Her name is Jennyanydots”の部分で、それが分かりますね。

この名前の中にもある“dots”というのは「ぶち(点)」のことですから、外見と関係のある名前になっているのかも…ということが何となく想像つきます。

“Old Gumbie Cat”と“Jennyanydots”の名前の由来については、次の記事をご覧ください。

 

ジェニエニドッツの外見

さて、本題の外見についてです。3行目で全て説明されていますよ。

 

 

どうです?イメージ出来ましたか?

「毛皮はトラ猫柄の一種で、トラ縞模様にヒョウのぶち」…ミュージカルの衣裳と同じような姿が想像できたのではないでしょうか。

衣裳が歌詞に忠実だということもここで分かりましたね!

しかも、短いフレーズの中にtabby(トラ猫)、tiger(トラ)、leopard(ヒョウ)と3種類のネコ科動物を引き合いに出しながら、ジェニエニドッツの外見を表現してしまうところが、歌詞としてとてもお洒落だと感じます。こういった部分は劇団四季版では訳しきれていない部分ですね。

ミュージカル『キャッツ』を鑑賞の際は、この英語歌詞を思い出しながら衣裳にも注目してみてはいかがでしょうか。

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

♪『キャッツ(CATS)』の曲一覧はこちら



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇団四季/劇団四季ミュージカル CATS オリジナル・キャスト
価格:5138円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)


「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください