「岬洋介シリーズ」~音楽好きの方が読むべき本~

音楽好きの皆さんは、きっとホールへ足を運ぶことが何よりの楽しみでしょう。私もホールに着いて、着席し、チューニングを耳にしたした時が一番興奮する時です。

しかし一方で、「読書」という楽しみも世の中には存在します。

「音符を読むのは苦にならないけれど、文字だけの世界はつまらない…」という方のために、「これだけは読んで欲しい」と強く感じている作品を紹介しますよ。

音楽鑑賞の予定がない時などに、是非手にとって読んでみて下さいね。

小説のあらすじ

中山七里という作家の音楽ミステリーが、この「岬洋介シリーズ」です。

各小説の題名からもお分かりの通り、それぞれの作品毎にテーマとされている作曲家が異なります。いずれも有名な作曲家ではありますが、彼らの歴史や人柄が描かれる訳ではなく、彼らの作曲した音楽がBGMのように扱われ、それに重なるように登場人物の心情が表現されていきます。

岬洋介というのは、容姿端麗で人の心を掴む才能あるピアニストです。ある時は大学の講師、ある時はピアニスト、ある時はピアノ教師として登場しますが、どの回でも一目置かれるのは彼の音楽的才能だけでなく、その推理力です。

外見も良く、才能もあるという人物像に、スーパーマンのような印象を抱いてしまうかもしれません。しかしそんな彼にも1つだけ悩みが…それがピアニストとしては致命的な「突発性難聴」です。

現実味のある事件、いつ起こるか分からない難聴、そしてまるで目の前で聴いているかのように表現される音楽の数々。音の粒や衝動、繊細な音の重なりを紡ぐ文章表現は、まるで読者自身が作品の中に存在しているかのような錯覚に陥ります。

一度読み始めたら、ページをめくる手が止まらない…そんな本作を一度読んでみませんか?

 

管理人あきかんのひとこと

  • 作品は次の順に読むと良いですよ♪
  • クラシックの基礎知識などは一切必要ありません。小説を読み終わった後、扱われた音楽を聴いてみるのも良いでしょう。
  • 『さよならドビュッシー』は映画化もされていますが、オススメはしません。小説の方が展開が複雑なのが良く、音楽的表現が豊富です!

⇒オススメ作品の一覧はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です