『のだめカンタービレ』~音楽好きの方が観るべき作品~

音楽好き、特にクラシック好きの皆さんは、きっと一度は音楽大学に通うことを夢見たことでしょう。そして現に志していらっしゃる方もいるはずです。

しかし、音楽大学の理想は描けても、実際どんな風に授業を受けて、どんな風にオーケストラに所属し、プロになっていくのかというところまでは知らない方も多いのではないでしょうか?

そんな疑問をコメディたっぷりに、恋愛たっぷりに、そして感動の涙たっぷりに教えてくれる作品がありますので、ご紹介します。

ドラマ・映画のあらすじ

『のだめカンタービレ』…まるで呪文のような題名ですが、「のだめ」とは主人公「野田恵(のだ・めぐみ)」のニックネーム、「カンタービレ」とは音楽用語で「歌うように」という意味です。

ピアノ専攻の音大生のだめを中心した出来事を描いた漫画が原作ですが、視点は同大学に通う指揮者を目指す千秋新一(ちあき・しんいち)のもの。のだめのピアノを一度聴いたサラブレッドの千秋が、のだめと共に奮闘し、成長し、夢を実現していく物語です。

こう書くと、とても真面目な物語のように聞こえますが、全く違います!

クラシックを聴いたこともない方に、むしろ観て頂きたい。のだめを始め、彼女をとりまく数々のキャラクター達は、いずれもみな個性的。

 

  • 自分の才能に気付いていない、プロを目指していないのだめ
  • クラシックよりもロックだ、と声を大にするバイオリン専攻
  • のだめに恋する真面目なクラリネット専攻
  • 自分の身長よりも大きな楽器を弾くコントラバス専攻
  • 心は乙女の男で千秋が大好きなティンパニ専攻

 

こんな感じの音大生と生活を共にしながら、ドラマまでは学園生活での各登場人物の葛藤、恋そして成長が描かれています。

続編のスペシャルドラマと映画では、のだめと千秋が海外留学をするという内容。文化も言葉も違う国で、2人の気持ちや現実がすれ違う…そんなシーンにきっと胸がざわつくはず。

作品全てを観終わった時、あなたの体の中には自然とクラシック音楽が流れているはずです。

 

管理人あきかんのひとこと

  • あまりにも好きすぎて買ってしまいました。観始めたらノンストップで観てしまいます…
  • クラシック音楽が好きかどうかなんて関係ない。人間ドラマにまずは心打たれます!
  • 音楽をベースに描かれていますが、才能の有無やコンクールの合否は音楽世界に限った話ではないはずです。そんな現実味溢れる部分にも是非注目してみましょう。

⇒オススメ作品の一覧はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です