エスメラルダは本名ではない?…その名前の由来と意味

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の原作本『ノートルダム・ド・パリ』を読んでみると、エスメラルダというのは本名ではないということが分かりました。

それでは、エスメラルダとは何なのでしょうか?

ミュージカルを観てみても、エスメラルダという名前がどういう意味なのかについては触れられていません。触れられているとしたらカジモドくらいですよね。

そこで原作本を読んでみたところ、彼女の名前について触れられている箇所がありました。

エスメラルダに一目惚れをしたグランゴワールという詩人とエスメラルダの会話の中にこういったものがあります。エスメラルダが首から下げているお守りが気になったグランゴワールが、それは何かと尋ねたシーンです。

 

娘は、クルミの身の鎖で首からさげていた細長い小袋みたいなものを、胸から引っぱり出した。樟脳の香りが袋からぷんぷんもれてきた。緑色の絹で包んであって、真ん中にエメラルドまがいの大きな緑色のガラス玉がついている。
「きっと、この袋を持っているので、エスメラルダと呼ばれるのでしょう」と、娘が言った。
―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.207)

 

この文章から読みとれることが2つあります。

1つ目は「これを持っているから、エスメラルダと呼ばれる」ということです。「これを持っているから」ということは、裏を返せば持っていなければ「エスメラルダ」とは呼ばれないわけです。ですからこれは本名ではなく、あだ名だということが分かります。

2つ目は「これ」が何なのかということです。直前に「真ん中にエメラルドまがいの大きな緑色のガラス玉がついている」とありますから、「これ」とは「エメラルドまがいの緑色のガラス玉」だということです。

ここで勘の良い方は、「エスメラルダ=エメラルドってこと?」と気付いたかもしれません。そうです、その通りなんです。

 

エスメラルダ(Esmeralda)とは、エメラルドを意味するスペイン語およびポルトガル語である。
―エスメラルダ(wikipedia)

 

つまり、エスメラルダというのは「エメラルド」という意味で、「エメラルド色をしたガラス玉を持っている子」というニュアンスで付けられたあだ名だったのですね。

 

♪『ノートルダムの鐘』の曲一覧はこちらから:ノートルダムの鐘/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

⇒【ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

※CDでは上演される一部の曲しか収録されていないため、本サイトでは、曲名・曲順・歌詞は全て上演内容に順じています。参考サイトは次の通りです。CDの内容とは一部異なりますので予めご了承下さい。(参考サイト:LYRICS TO DISNEY’S HUNCHBACK OF NOTRE DAME MUSICAL (LA JOLLA PLAYHOUSE AND PAPER MILL PLAYHOUSE)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です