Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マキャヴィティ気分で遊べる、ボードゲーム「スコットランド・ヤード」

ミュージカル『キャッツ(CATS)』に登場する犯罪王のマキャヴィティ。そんな彼の犯罪者としてのレベルの高さが英語歌詞で歌われています。

それは、「ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)の頭も悩ませる…」というもの。一国の最高機関をもってしても彼を捕まえることが出来ないと分かります。

スルリスルリと警視庁の手を抜けていくマキャヴィティですが、そんな彼と彼らを追う警視庁の気分を味わいながら遊べるボードゲームがあります。それが「スコットランド・ヤード」です。今回は、ゲームの詳細と遊び方をご紹介しますよ。

「ロンドン警視庁(スコットランド・ヤード)」について触れている歌詞については、こちらの記事をご覧くださいね。

 

Scotland Yard

 

いわゆる「鬼ごっこ」をボード上で行っていくものですが、鬼ごっこに少し制限がかかっているのが「スコットランド・ヤード」です。そのため、小学生にとって理解しやすく、大人にとって満足のいく内容になっていますよ。

 

商品名

  • 原題/Scotland Yard
  • 日本語(直訳)/スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)

 

ゲーム内容

伝統的なドイツならではの奥深さがあり、単純なゲームにも子供たちを飽きさせない魅力と、能力アップにつながる要素が隠されています。
スコットランドヤード

 

想像力、チームプレイ、コミュニケーション力を必要とするゲームです。家族集まってお子様とやるもよし、お酒を片手にワイワイ遊ぶも良しの、パーティー向けのボードゲームになっていますよ。

 

内容物

四つ折りボード
乗り物チケットx125(タクシーx54、バスx43、地下鉄x23、ブラックチケットx5)
ダブルムーブカードx2
スタートカードx18
記録盤x1
コマx6
サンバイザーx1
日本語説明書付
スコットランドヤード

 

対象

10歳以上
3~6人
スコットランドヤード

 

ちなみに、ボードの地図が東京バージョンもありますよ。これ、持ってるんですよね、私(笑)。大好きなボードゲームです。

 

ゲームの遊び方

複数の警察と、1人の犯人(Mr.X/ミスター・エックス)がこのゲームに必要な役割です。Mr.Xがマキャヴィティですね。ボードが街の地図になっているので、スタート位置から「徒歩」「車」「電車」のいずれかで街を移動しながらMr.Xを捕まえに行くというのが、このゲームの大筋です。

…が、少し難しいのが次の2点です。

 

  1. Mr.Xは特定のターンでしか姿を現さない。そのターンになるまではMr.Xのコマは見えない状態でゲームが進みます。
  2. 移動方法は「徒歩」「車」「電車」の3種ですが、それぞれ使える回数が決まっています。

 

これが、このゲームをより面白くするための制限なんです。

Mr.Xは見えないとは言え、各ターンどの移動手段で動いたかは分かります。警察は当たりをつけながら、こちらの方角へ逃げているのでは…と相談をしながら追い込んでいきます。一方のMr.Xは警察の動きをみながら、先読みをして逃げたり、かいくぐったりしていくというものです。

警察のいずれかがMr.Xと同じコマに乗れば警察の勝ち、警察が移動手段を使い切ってしまって、特定の回数(ターン)までに逃げきれればMr.Xの勝ちとなります。

私はMr.Xになって逃げるのが大好きです(笑)。是非、みなさんも家族、友達と集まって遊んでみてくださいね。

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『キャッツ(CATS)』曲一覧

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください