日本語と英語で異なる「人間」と「怪物」に関する問いかけ

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)”を見てみると、観客に対して「怪物とは何か、人間とは何か」と問いかける歌詞があります。

この問いかけは、作品の根本的なメッセージになりますが、日本語と英語で意味が異なるのをご存知でしたか?

『ノートルダムの鐘』のオープニングとエンディングで問いかけられるこのフレーズ。

オープニングとエンディングで全く同じフレーズであるにも関わらず、演出によって人間と怪物の差を「表面」と「内面」から考えさせられる一文になっています。

本作品におけるこの重要なメッセージですが、日本語と英語とでは意味が変わってきます。是非英語の意味もしっかり把握しておきましょう。

 

劇団四季版と英語版の歌詞をおさらい

劇団四季版

まずは劇団四季版の歌詞から見ていきましょう。

 

答えて欲しいなぞがある
人間と怪物
どこに違いがあるのだろう

さあ高らかに
鳴り響け
鐘よ ノートルダム
―ミュージカル『ノートルダムの鐘』より「ノートルダムの鐘」

 

注目すべき点はここです:

  • なぞ
  • 答えてほしい
  • 人間と怪物/どこに違いがあるのだろう

 

英語版

一方の英語版の歌詞はこうなっています。

 

Now here is a riddle to guess if you can
Sing the bells of Notre Dame
What makes a monster
And what makes a man?

Sing the bells,
Bells, bells,
Bells, bells, bells, bells, bells,
The bells of Notre Dame
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “The Bells of Notre Dame”

 

注目すべき点はここです:

  • riddle
  • guess if you can
  • What makes a monster/And what makes a man?

 

 

劇団四季版と英語版の比較

それでは、それぞれの注目ポイントを1つずつ比較しながら見ていきましょう。

 

「なぞ」と“riddle”

まずは、「なぞ」と“riddle”ですね。

劇団四季版では“riddle”が「なぞ」と訳されていますが、“riddle”とは「なぞなぞ」の意味があります。なので、この劇団四季版の「なぞ」を「不可解なもの・迷宮」というニュアンスで理解してしまうと少し意味が重たくなりすぎてしまうんですね。

よってここで観客に提示されるのは「なぞなぞなんだ」ということをまずは押さえておきましょう。

 

「答えてほしい」と“guess if you can”

次に、「答えてほしい」と“guess if you can”です。

劇団四季版だと「答えてほしい」と訳されていますから、ニュアンス的には「是非とも答えてほしい」となり、英語版と比較すると少し押しの強い一文になっています。

しかし英語版は“guess if you can”です。

guess”には「言い当てる・解き当てる」という意味があり、“if you can”は「もし(あなたが)できるならば」です。なので劇団四季版と比較すると、引きのスタンスなんですね。

ですから英語版は、「もし当てられるなら当てて欲しいんだけどね」というニュアンスになります。

 

「どこに」と“what makes”

さて、一番注目して頂きたいのはこの部分!フレーズを丸ごともう一度見てみましょう。

 

  • 人間と怪物/どこに違いがあるのだろう
  • What makes a monster/And what makes a man?

 

劇団四季版は「人間」と「怪物」という存在を予め提示した上で「どこ」に違いがあるかと問うています。

一方の英語版はそうではないんですね。“what makes ~”とは「何が~を作るのか」という意味です。ですからここの一文を直訳すると「何が怪物を作り、何が人間を作るのか」となります。つまり、「怪物を作るものは何で、人間を作るものは何なのか」ということを問うているんです。

 

 

英語版の方が軽いからツラい!

比較をお読み頂いて劇団四季版と英語版では意味が異なるとご理解いただけたのではないでしょうか?

劇団四季版は…

 

  • 「人間と怪物ではどこに違いがあるのか」というなぞを答えてほしい

 

という意味合いですが、英語版はそうではありません。

 

  • Now here is a riddle to guess if you can/What makes a monster/And what makes a man?
    (さて、ここになぞなぞを1つ。あなたは当てられるかな?「何が怪物をつくり、そして何が人間を作るのか?」)

 

「何が怪物をつくり、そして何が人間を作るのか?」という言い方を少し変えてより解釈しやすくするとしたら、「何を怪物と呼び、何を人間と呼びますか?」ということでしょう。

クロパンによって発せられるこのフレーズは、とても軽やかに歌われ、言い回しもとても軽いです。でも、だからこそその問いの重さをズドンとお腹に感じます。

この作品には外見の醜いカジモドと、自分の欲を優先してしてしまうフロローが登場します。なぞなぞに対するヒントはこの2人の登場人物でしょう。

クロパンが観客に提示するこのなぞなぞ…あなたなら何と答えますか?

♪『ノートルダムの鐘』の曲一覧はこちらから:ノートルダムの鐘/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

⇒【ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)



「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です