The Bells of Notre Dame/英語歌詞を徹底分析!

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)”の英語歌詞を「日本語で理解できたら良いのに…」と感じている、そこのあなた!

当サイトでは、そんなあなたのために英語歌詞を徹底分析致しました。日本語歌詞では訳しきれていない内容や、言い換えられている点など、あらゆる視点で細かく丁寧に紹介しております。

上から順に見ていく必要はありません!気になる記事からお好きな順番で見ていって下さいね♪

  1. 必読!『ノートルダムの鐘』によく出る「キリエエレイソン」の意味
  2. 「ノートルダムの鐘」で歌われるラテン語歌詞の意味
  3. 「ノートルダムの鐘」日本語と英語で微妙に異なるパリの朝
  4. 「背むし」とは?その病気と原作に書かれたカジモドの外見
  5. カジモド…名前の由来と2つの意味は?実は神聖な意味もあった!
  6. カジモドはmonster…「化け物」でなく「怪物」と訳された理由
  7. 劇団四季のワザが光る!“sanctuary”の訳し方
  8. カジモドは誰の子?日本語訳されなかったジュアンの深い一言とは
  9. 日本語と英語で異なる「人間」と「怪物」に関する問いかけ
  10. 表現が逆!「悪人は罰を受ける」の英語版はどういう意味?

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

♪『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の曲一覧はこちら



「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.