ザズの朝のご報告、英語版は超難解なギャグだった②

劇団四季ミュージカル『ライオンキング(The Lion King)』より“The Morning Report(朝のご報告)”の英語歌詞を見てみると、ザズが早口で朝の報告をしていることが分かります。

劇団四季版ではおやじギャグのようになっていますが、実は英語版はかなり難解なギャグ。高度な内容ですが、1つずつ解説していきますのでついてきてくださいね。

歌詞のおさらい

今回は後半のギャグの意味を解説していきます。ムファサとシンバのやりとりが重なるシーンの背景で、ザズはどんな報告をしているのでしょうか?

前半部分についてはこちらの記事でまとめているので、ご覧くださいね。

 

英語版

英語版のザズのパートを抜き出してみるとみると、このようになっています。

 

The buffalo have got a beef
About this season’s grass
Warthogs have been thwarted
In attempts to save their gas

Flamingoes in the pink
Chasing secretary birds

Saffron is this season’s color
Seen in all the herds
Moving down the rank and file
To near the bottom rung

Far too many beetles are
Quite frankly in the dung
―ミュージカル “The Lion King” より “The Morning Report”

 

劇団四季版

バッファローは今年の草に
評価はがっかり

イボイノシシのすごい
オナラで あたりはガス中毒

フラミンゴはダンスを
ピンクのドレスで
今朝から特訓中

サフラン色の黄色の絨毯
只今 制作中
朝から言うのも何ですが
気がつきゃカバの落とし物

チェックをしてみりゃ
フンコロガシがクソまみれ
―ミュージカル『ライオンキング』より「朝のご報告」

 

登場する動物

まず登場する動物から1つずつ整理していきましょう。

 

劇団四季版

それぞれの動物と、ゆかりのある言葉(動物の名前にかけていたり、鳴き声にかけていたり)でギャグセンスが感じられますね。

 

  • バッファロー…がっかり(バッファローの音の響きとかけている?)
  • イボイノシシ…オナラ
  • フラミンゴ…ピンク
  • カバ…落とし物(フン)
  • フンコロガシ…くそまみれ

 

今回は前回と比べてちょっと下品な言葉が多いですね(笑)。「サフラン色の~」の部分だけは動物ではないですが、これはこのサバンナの大地のことを言っているのだと考えられます。

 

英語版

では英語版はどうなっているのでしょうか?

 

  • buffalo(バッファロー)…have got a beef
  • Warthogs(イボイノシシ)…gas
  • Flamingoes(フラミンゴ)…in the pink
  • beetles(フンコロガシ)…dung

 

これだけ見ると「何のこと?」と思われるでしょう。私も最初はさっぱり分かりませんでした…(涙)。分かるのは、登場している動物はほとんど一緒だということだけ。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

 

ジョークの解説

ジョークを1つずつ解説していくのって、何だかとても気恥ずかしいし難しいのですが、気合を入れてやっていきますよ!

 

バッファロー

バッファローについて触れているのは最初の2行“The buffalo have got a beef/About this season’s grass”の部分です。

“grass”は「草」という意味ですから、今季の草(this season’s grass)について何か言っていると検討がつきます。分からないのは“have got a beef”の部分ですが、これを「牛肉を持っている?」と訳してしまうと、なんのことだかさっぱり分からない文章になってしまう訳です。バッファローはウシ族ですから「バッファローは牛肉を持っている」のは、何だか可笑しいですもんね。

実は“have a beef with ~”で「~について不満・苦情がある」という意味があります。従ってここのフレーズの意味は「バッファローは今季の草について不満があります」となり、そのことをザズは報告しているのです。

表面上では「バッファローが牛肉を持っている」ですが、裏の意味で言うと「バッファローは今季の草について不満を言っています」となり笑えるということです。劇団四季版では「バッファローは今年の草に/評価はがっかり」とありますから、意味は同じですね。

しかしバッファローは草の何に不満がっているのでしょうか?

 

イボイノシシ

イボイノシシのパート“Warthogs have been thwarted/In attempts to save their gas”のうち、難しい単語が2つありますね。

 

  • thwarted…妨害、邪魔する、~に反対する
  • attempts to…~するよう試みる

 

この単語の意味から分かる通り、まずイボイノシシは何かをするために「邪魔をした」ということが分かります。では何をするために邪魔をしたのかというと“save their gas”ですから「オナラを蓄えられるように…」ということです(笑)。

しかし、これでは「オナラを蓄えるために、何を邪魔した」のかが分かりません。

…と、ここでピンと来ました。あ、もしかして…バッファロー!?

バッファローもイボイノシシも草食動物ですよね。ということは、同じような草を食べているはずです。「オナラを蓄える」には沢山ご飯を食べなければいけないので、草を沢山食べている…バッファローが食べる分も横取りするくらい蓄える食べていると想像がつきます。

つまり、バッファローとイボイノシシの話はつながっていて「バッファローはイボイノシシが草を沢山食べすぎて邪魔をしていくので、不満を言っている」という訳です。

そして、イボイノシシは草を食べたところで、臭いオナラしかしないじゃないか!という皮肉を交えたのが「オナラを蓄える」に含まれているのでしょう。

はー、そういうことか。何だかとってもスッキリした!…て、何の分析を一生懸命にやっているんだ、私は(笑)。

 

 

フラミンゴ

“Flamingoes in the pink”はそのまま見ると「フラミンゴはピンク色」と、かなり当然のことを報告しているように思えますよね。

しかし、ここのフレーズのミソは“in the pink”に着目するところです。“in the pink”には「とても元気/健康で」という意味があります。ですから、表面上は「フラミンゴはピンク色」ですが、裏の意味は「フラミンゴはピンピンしている」という意味になるんですね。

そしてピンピンしたフラミンゴが何をやっているのかというと、“Chasing secretary birds”です。“chase”とは『アラジン』の“A Whole New World”にも出てきますが、「追いかける」という意味になります。“secretary birds”は「ショキカンチョウ」ですから、ここは「ピンピンしたフラミンゴはショキカンチョウを追いかけまわしています」という意味です。

 

サフラン色

さて、ここは動物ではないですが、見ていきましょう。劇団四季版では「サフラン色の黄色の絨毯/只今 制作中」となっている部分です。

“Saffron is this season’s color/Seen in all the herds”の“this season’s color”は「今季(流行り)の色」という意味です。“seen in”は「~で見られる」ですから、「サフラン色は~で見られる、今季流行りの色です」と報告していることになります。

では“the herds”とは何かということですが、これは「下層民、群衆」という意味だそうです。“herds”だけであれば「動物の群れ」という意味になりますが、“the”がつくことで軽蔑的な意味が含まれるようになるんですね。

もしかしたら、“the”にそこまで深い意味を持った歌詞ではないかもしれませんが、ここは皮肉を言っているのだと仮定すると「下層民の間では、サフラン色が流行っているようです」という意味になります。恐らく、サフラン色は草のないエリアの地面を表しており、そこに住んでいる者は低俗だ…ということなのかもしれません。つまり、スカーやハイエナ達のことを暗に説明しているのではないかな…と思いました。

というのも、“Moving down the rank and file/To near the bottom rung”の“rank and file”、単語を“rank”と“file”1つずつ調べるとピンとこなかったのですが、実はこれで1つの意味がありました。

 

  • rank and file…平社員の、庶民、一般大衆の

 

そして“bottom rung”は、

 

  • bottom rung…最下層

 

つまりここは「一般庶民から繰り下がり、最下層の近くまで」が直訳になります。

ということは、この4行で歌われているのは結構な皮肉で、「一般庶民から繰り下がった、最下層の民の間では、サフラン色が流行っているようです」という報告をしていることになります。

…え?皮肉が怖い…。軽蔑が激しい…。ザズが今いる地位へのプライドと下層民を毛嫌いする空気が、ひしひしと感じられますね。

 

フンコロガシ

さて、とうとう最後のモーニング・レポートです。“Far too many beetles are/Quite frankly in the dung”の“beetle”は、「カブトムシ」という意味で認識されている方が多いと思いますが、甲虫類全般を指す単語です。

“far too many”は「あまりにも多い」ですから、「あまりにも多い甲虫が」と始まっています。甲虫はどうなったのでしょう?

“quite frankly”で「実にあからさまに」といった具合で、“dung”には「糞、嫌われ者」という意味があります。そうすると“in the dung”というのは「糞の中に入ってしまっている」ということになりますから、「あまりにも多くの甲虫が、明らかに糞まみれになってしまっています」というニュアンスになり、フンコロガシについて話しているだろうと解釈できるわけですね。

劇団四季版でも「チェックをしてみりゃ/フンコロガシがクソまみれ」とありますから、間違っていないでしょう。

 

…とここでシンバの飛びつきにより、モーニング・レポートは終了します。

もっと聞きたいような気もしますが、だんだん内容も下品になってきたところなので丁度良かった(笑)。

なかなか難解なザズのモーニング・レポートですが、意味が分かってすっきりした方も多いと思います。ムファサとシンバの動向が気になるシーンでもありますが、是非ザズの報告にも耳を傾けてみてくださいね。

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

♪『ライオンキング(LIONKING)』の曲一覧はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE LION KING ORIGINAL BROADWAY CAST RECORDING [ (ミュージカル) ]
価格:2279円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)



「なるほど!」と思ったらシェア♪