ジプシーを軽蔑!「酒場の歌」でフロローがこぼす5つの言葉

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より”The Tavern Song (Thai Mol Piyas)(酒場の歌)”の英語歌詞を見てみると、酒場で酔っぱらいながら楽しむジプシー達の様子を見て、彼らを軽蔑した5つの言葉をフロローがこぼします。

その言葉とは何でしょうか?

【ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”/“The Tavern Song(Thai Mol Piyas)”/作詞:Stephen Schwartz * 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』/「酒場の歌」/訳詞:高橋知伽江】

The Tavern Song (Thai Mol Piyas)(酒場の歌)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

Base and lewd and blasphemous
This vile, depraved display
―ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”より “The Tavern Song(Thai Mol Piyas)”(作詞:Stephen Schwartz)

 

“and”や“,”で区切られながら羅列されている1つ1つの単語が、まさにフロローがジプシー達を軽蔑している5の言葉です。1つずつ抜き取っていくと次のようになります。

 

  1. Base…(人・行為などが)卑しい、下劣な
  2. lewd…みだらな、わいせつな
  3. blasphemous…不敬な
  4. vile…下劣な、不道徳的な、下品な
  5. depraved display…堕落したこのありさま
    depravedが「堕落した」、displayが「見せる、表に出す」と言う意味です。ここでは吐き捨てるように歌っているので、「堕落したこのありさま」という意味合いでよいでしょう。)

 

どうですか?

フロローの体の奥から吐き出されるようなこの言葉の数々…聖職者の立場としてはお酒も女性も禁じられていますが、その上に自身が毛嫌いするジプシー達です。フロローの立場からすれば、目に入れること自体が不愉快な光景でしょう。しかしながら、彼は直後、このようにも歌っています。

 

I cannot bear to watch
And yet I cannot turn away
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “The Tavern Song (Thai Mol Piyas)”

 

とても見ていられないような様子なのに、顔をそむけることが出来ないフロロー。にもかかわらず、目をそらすことが出来なかったのは何故なのでしょうか。

1つは淫らな様子のフィーバスに、女と酒におぼれた自分の弟に重ねたから、もう1つは、エスメラルダから目をそらすことが出来なかったからでしょう。

理性とはうらはらに、エスメラルダに心が惹かれていくフロロー。あらゆる感情が複雑に絡み合ったこのほんの短いシーンですが、人間的な感情が一度に集まったこの瞬間のフロローが私はとても好きです。フロローの人間的な感情が静かに絡み合う様を表現しているのが、このフレーズと言えますね。

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

劇団四季 ホームページ

『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の曲一覧はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください