CATSにもThe Hunchback of Notre Dameにも出てくるthree cheersって何のこと?

ミュージカル“CATS”よりOld Gumbie Cat(ジェニエニドッツ/おばさん猫)、ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”よりTop of the Worldの英語歌詞を見てみると、どちらにもthree cheersという言葉が出てきます。どんな意味があるのでしょうか?この意味を覚えると、日常でも使えるかもしれませんよ!

three cheersとは万歳三唱の意味です。3回のcheers(声援)ですから、日本語とほぼ同じですね。つまり「万歳!万歳!万歳!」と言いたい時にthree cheersとは使われます。それでは、それぞれのシーンはどんなシーンでしょうか?

まず、それぞれどこにthree cheersと記載があるか抜き出して見ました。まずはOld Gumbie Cat(ジェニエニドッツ/おばさん猫)です。こちらは歌詞の最後の部分に当たりますよ:

So for old Gumbie Cats let us give three cheers
On whom well ordered households depend, it appears
Three cheers, three cheers, three cheers!
For she’s a jolly good fellow!
Thank you my dears!
―ミュージカル “CATS” より “Old Gumbie Cat”

まず、Old Gumbie Cat(ジェニエニドッツ/おばさん猫)については、Old Gumbie Catの働きぶりについて紹介しきったところで言っています。彼女の徹底した奉仕っぷりに「あっぱれ!」というニュアンスで使っています。それに対してOld Gumbie Catも”Thank you my dears!”とお礼を返していますね。この歌詞の詳細については、次の記事をご覧ください:“Old Gumbie Cat”の英語歌詞を徹底分析!日本語版とは異なる意味を知ろう!

一方のTop of the Worldはどうでしょうか?これは歌詞中盤、石像達が歌う部分に当たります:

We’d give three cheers
To see you both
Forever sitting
Look at you sitting
On top of the world
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Top of the World”

EsmeraldaがQuasimodoのいる塔の頂点に来て、石像達が2人が一緒に座ることに対して「祝福したい」と言いたい、というニュアンスで使われています。

祝福したいという気持ちになった時に使うこの言葉。あなたも使ってみてはいかがですか?



*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts

⇒ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です