ヘアスプレー/英語歌詞を徹底解説!日本語で意味を理解しよう!

東宝ミュージカル『ヘアスプレー(Hairspray)』の英語歌詞を「日本語で理解できたら良いのに…」と感じている、そこのあなた!

そんなあなたのために英語歌詞を徹底解説致しました。

日本語歌詞では訳しきれていない内容、言い換えられている点、実在する場所など、あらゆる視点で細かく丁寧に紹介しています。

好きな曲をクリックして、新しい発見に出会って下さいね。


アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(英語):Hairspray
・楽譜:

 

曲順/英語解説・考察記事

 

ミュージカルの英語歌詞を1曲ずつ丁寧に解説・考察しています。

歌詞の奥深さを知りましょう!

 

ACT1(1幕)

 

1. Good Morning Baltimore

2. The Nicest Kids in Town

3. Mama, I’m a Big Girl Now

4. I Can Hear the Bells

5. (The Legend of) Miss Baltimore Crabs

6. The Nicest Kids in Town (Reprise)

7. It Takes Two

8. Velma’s Revenge

9. Welcome to the 60’s

10. Run and Tell That!

11. Big, Blonde and Beautiful

 

ACT2(2幕)

 

1. The Big Dollhouse

2. Good Morning Baltimore (Reprise)

3. You’re Timeless to Me

4. You’re Timeless to Me (Reprise)

5. Without Love

6. I Know Where I’ve Been

7. (It’s) Hairspray

8. Cooties

9. You Can’t Stop the Beat

 

作品紹介

あらすじ

 

舞台は1960年代のアメリカ・ボルチモア。人より少し大きな体型をしたトレイシーは、とても明るく活発な性格の女子高校生。

大好きなイケメン男子高校生リンクが出演する、地元の人気番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演することを夢見て日々を過ごしますが、そのルックスで一度は出演を取り消されてしまいます。

そんな時に出会った黒人のシーウィードもまた、黒人であるという理由だけで出演できない高校生の1人でした。

ダンスが大好きなトレイシーとシーウィードは、果たして「コーニー・コリンズ・ショー」へ出演できるのか?

当時アメリカで実際にあった黒人差別を題材に、外見への偏見を吹き飛ばす、前向きで爽快な作品です。

 

このミュージカルが伝えたいこと

準備中

 

登場人物

 

・トレーシー(Tracy Turnblad)

・エドナ(Edna Turnblad)

・ウィルバー(Wilbur Turnblad)

・メイベル(Motormouth Maybelle)

・リンク(Link Larkin)

・ヴェルマ(Velma Von Tussle)

・アンバー(Amber Von Tussle)

・ペニー(Penny Pingleton)

・コーニー・コリンズ(Corny Collins)

・シーウィード(Seaweed J. Stubbs)

・アイネス(Little Inez)

 

作品情報

ブロードウェイ

 

 

 

東宝

 

 

www.tohostage.com
ミュージカル『ヘアスプレー』

 

作品の感想

 

舞台はもちろん、映画・ドラマ・原作の感想をまとめています。

 

 

五感で体感

準備中

 

資料集

準備中

 


『ヘアスプレー』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください