I Got Rhythm/英語歌詞を徹底分析!

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人(An American in Paris)』より“I Got Rhythm(アイ・ガット・リズム)”の英語歌詞を見てみると、リズに恋をしたジェリーがどれほど幸せな気分になっているかが分かります。

彼の踊るような心、歌うような心の内側を見ていきましょう。

【ブロードウェイミュージカル“An American in Paris”/“I Got Rhythm”/作詞:Ira Gershwin】

 

幸せな心境を歌っている

 

この曲の歌い出しは、ジェリーが今どんな心境なのかを歌うところから始まります。

 

Days can be sunny, with never a sigh
Don’t need what money can buy
Birds in the trees sing their day full of song
Why shouldn’t we sing along?

I’m chipper all the day, happy with my lot
How do I get that way? Look at what I’ve got

―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “I Got Rhythm”(作詞:Ira Gershwin)

 

1つずつ見ていきましょう。

 

・Days can be sunny, with never a sigh…毎日は1つのため息もない晴れの日になる

・Don’t need what money can buy…お金で買えるものはいらない

・Birds in the trees sing their day full of song/Why shouldn’t we sing along?…鳥は木で歌を歌って1日を満たす/僕らも一緒に歌わない?

・I’m chipper all the day, happy with my lot…僕は1日中ずっと元気いっぱいで、すごく幸せ

・How do I get that way? Look at what I’ve got…どうしてそんなふう(に元気いっぱいで幸せ)なのかって?僕が持っているものを見てくれよ!

 

さて、この曲題は“I got rhythm”ですが、曲のポイントとなるのは“I got ~”です。

“I got”とは「私は~を持っている」という意味なり、この曲はジェリーが「僕には~があるから幸せなんだ」と歌っている曲なんですね。

では、ジェリーは何を持っているから幸せなのでしょうか。

 

幸せな理由は?

 

“I got ~”となっているところだけ抜き出してみます。

 

・I got rhythm…リズムがあって

・I got music…音楽があって

・I got my girl…彼女がいて

・I got daisys, in green pastures…緑の牧草地にデイジー(ヒナギク)があって

・I got starlight…星明りがあって

・I got sweet dreams…素敵な夢があって

 

どうですか?見るからに幸せな光景ですよね!

“I got my girl”とはまさにリズのこと。恋をして踊る心をジェリーらしくお茶目に表現されています。

そしてフレーズの最後は、このように締めくくられています。

 

Who could ask for anything more?

―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “I Got Rhythm”(作詞:Ira Gershwin)

 

この“ask”は「求める」という意味もありますので、こういう意味になります。

 

・Who could ask for anything more?…誰がこれ以上求めるだろう?

 

つまり、ジェリーは今幸せの頂上にいるんです。これ以上求められないくらい幸せで、天にも舞い上がる心持ちだということなんですね。

恋はここまで人をハッピーに出来るのだということや、何気ない日常が色鮮やかになることを思い出させてくれるような歌詞です。

 

いかがでしたか?あなたの初恋を、思い出したりしたでしょうか?

その他、ミュージカル『パリのアメリカ人』についてはこちらの記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください