「ミュージカルダンサー」になるには

ミュージカルダンサーについて説明します。

どんな仕事か、ミュージカルダンサーになるためには、どのような勉強が必要なのかみていきましょう。

※大学の表示は順不同。

 

どんな仕事?

 

・ ミュージカルで歌・ダンス・演技をし、給料を得ている人

 

・ ミュージカル俳優の中でもダンスを強みとしている人

 

・ 観客の感情を揺さぶる事を仕事としている

 

・ 作品によって使われるダンスのジャンルが異なる為、それぞれに対応できる必要性がある

 

・ ダンスにおいては、幅広いジャンルを身につけておく必要がある

 

・ 日々、自分のスキル向上のためにトレーニングが必要

 

・ 演出家、スタッフとも仕事をするため、コミュニケーション力・協調性が必要

 

・ 筋力、瞬発力、心肺機能といった体力を鍛える必要がある

 

・ 独学でオーディションを受けることが可能だが、養成所・研修所で技術を身につけるほうが近道

 

・ 役作りを行うためには、台本の読解力が必要不可欠

 

・ 特別な学歴・資格が求められる仕事ではない

 

・ 芸術学部や専門学校で舞踊を学んだ人が多い

 

・ 最初にてデビューしたのがテレビ・映画のケースもある

 

参考:ミュージカルダンサー(13歳のハローワーク)

参考:「ダンサー」とは(キャリアガーデン)

 

大学入学までにしておくこと

勉強しておきたい科目

 

・ 現代文

 

・ 古典

 

・ 英語

 

・ 世界史

 

・ 日本史

 

・ 地理

 

・ 現代社会

 

・ 倫理

 

・ 政治・経済

 

・ 体育

 

・ 保健

 

・ 音楽

 

・ 美術

 

読んでおきたい本

 

 

学べる大学

私立大学

関東

 

 

関西

 

 

「スタディサプリ」は、大学・専門学校の資料をまとめて請求できるサイトです。
資料請求をして、気になる大学・専門学校を調べましょう。


【 大学・専門学校の資料請求 】
◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け


舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください