「家庭科教師」になるには

家庭科教師について説明します。

どんな仕事か、家庭科教師になるためには、どのような勉強が必要なのかみていきましょう。

※大学の表示は順不同。

 

どんな仕事?

 

・ 中学校や高等学校で家庭科を教える人

 

・ 歌ったり、楽器を演奏したり、音楽で豊かな心を育むことを仕事としている

 

・ 【中学】中学校に勤め、義務教育で定められた科目を教える教師

 

・ 【中学】授業以外にも、生徒指導や進路指導、クラブ活動、学校行事、PTA活動なども受け持つ

 

・ 【高校】高等学校に勤め、専門とする特定の教科について教育や指導を行う教師

 

・ 【高校】勤務先は、全日制高校・定時制高校・通信制高校などがある

 

・ 【高校】授業以外にも、学級指導や、生活指導や進路指導、クラブ活動の指導にあたることもある

 

・ 中学教師も高校教師も、教員免許が必要なため、服飾系大学を卒業する必要がある

 

参考:中学校教師(13歳のハローワーク)、高校教師(13歳のハローワーク)

参考:「中学校教師」とは「高校教師」とは(キャリアガーデン)

 

大学入学までにしておくこと

勉強しておきたい科目

 

・ 現代文

 

・ 古典

 

・ 英語

 

・ 世界史

 

・ 日本史

 

・ 地理

 

・ 現代社会

 

・ 数学

 

・ 化学

 

・ 生物

 

・ 保健

 

・ 美術

 

・ 家庭基礎

 

・ 家庭総合

 

読んでおきたい本

準備中

 

学べる大学

 

 

「スタディサプリ」は、大学・専門学校の資料をまとめて請求できるサイトです。
資料請求をして、気になる大学・専門学校を調べましょう。


【 大学・専門学校の資料請求 】
◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け


【 専門学校の資料請求 】



舞台芸術は、華やかな世界と捉えられがちです。
一度仕事としての舞台芸術について考えておくと、理想と現実の差を埋めることができますよ。


舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください



お問い合わせは、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください