「舞台美術家」になるには

舞台美術家について説明します。

どんな仕事か、舞台美術家になるためには、どのような勉強が必要なのかみていきましょう。

※大学の表示は順不同。

 

どんな仕事?

 

・ 演出家の意図をくんで、舞台装置を製作したり、制作指揮をとる人

 

・ 主に、舞台装置(大道具)や、俳優が制作する小道具を制作する

 

・ 舞台装置家、舞台衣装家を含めて舞台美術家ということもある

 

・ 演出家、俳優、技術スタッフ(音響・照明)とのやりとりが多い仕事

 

・ 劇団に所属している人と、フリーの人とがいる

 

・ チームワークが必要なため、コミュニケーション力・協調性が必要な仕事

 

・ 舞台のイメージをデザイン化・模型化する必要がある

 

・ 体力を必要とし、また細かい作業が求められる

 

・ 美術系の大学・専門学校を卒業した人が多い

 

・ 舞台美術会社でアルバイトをして技術を身に付ける人もいる

 

参考:舞台美術美術デザイナー(13歳のハローワーク)

参考:「美術スタッフ」とは(キャリアガーデン)

 

大学入学までにしておくこと

勉強しておきたい科目

 

・ 現代文

 

・ 英語

 

・ 世界史

 

・ 日本史

 

・ 地理

 

・ 数学

 

・ 物理

 

・ 化学

 

・ 生物

 

・ 体育

 

・ 美術

 

読んでおきたい本

 

学べる大学

私立大学

関東

 

 

関西

 

 

「スタディサプリ」は、大学・専門学校の資料をまとめて請求できるサイトです。
資料請求をして、気になる大学・専門学校を調べましょう。


【 大学・専門学校の資料請求 】
◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け


舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください