「舞台音響家・音響スタッフ・PA」になるには

舞台音響家・音響スタッフ・PAについて説明します。

どんな仕事か、舞台音響家・音響スタッフ・PAになるためには、どのような勉強が必要なのかみていきましょう。

※大学の表示は順不同。

 

どんな仕事?

 

・ 舞台作品を上演する際、音響を担当する人

 

・ 音のバランスを調整したり、音響全般に関する技術的なサポートをする仕事

 

・ 音楽、効果音などをタイミングに合わせて流す

 

・ 俳優のマイク調整も行うため、舞台稽古はつきっきりで行う

 

・ 音響会社に勤めている場合は、会場への音響機材の搬入、セッティング、整音操作、撤去も行う

 

・ マイク、スピーカーなどの音響知識・技術が必要

 

・ 体力、コミュニケーション力、音感、聴力が必要な仕事

 

・ 公共の施設などで働く場合には、舞台機構調整技能士検定・舞台音響調整作業技能検定が必要なケースが多い

 

・ 舞台芸術系の大学・専門学校を卒業した人が多い

 

・ 音響会社でアルバイトをして技術を身に付ける人もいる

 

参考:舞台音響PA音響エンジニアコンサート・ステージスタッフ舞台機構調整技能士(13歳のハローワーク)

参考:「音響スタッフ」とは(キャリアガーデン)

 

大学入学までにしておくこと

勉強しておきたい科目

 

・ 現代文

 

・ 英語

 

・ 数学

 

・ 物理

 

・ 化学

 

・ 体育

 

・ 音楽

 

・ 美術

 

読んでおきたい本

 

 

学べる大学

私立大学

関西

 

 

「スタディサプリ」は、大学・専門学校の資料をまとめて請求できるサイトです。
資料請求をして、気になる大学・専門学校を調べましょう。


【 大学・専門学校の資料請求 】
◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け


舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください