「舞台監督」になるには

舞台監督について説明します。

どんな仕事か、舞台監督になるためには、どのような勉強が必要なのかみていきましょう。

※大学の表示は順不同。

 

どんな仕事?

 

・ 舞台現場の進行管理をする人

 

・ 技術スタッフ(美術・照明・音響など)の総責任者

 

・ 稽古では、演出家とともに舞台装置の安全のチェックや場面ごとの打ち合わせを行う

 

・ 本番では転換タイミングの指揮をとる

 

・ 指導力、忍耐力、判断力などが必要な仕事

 

・ 芸術学部や専門学校で、舞台技術を学んだ人が多い

 

・ 劇団に所属する人と、フリーで活躍する人がいる

 

・ 舞台監督のもとで、監督助手として学ぶ人もいる

 

参考:舞台監督/ステージ舞台監督/音楽コンサート・ステージスタッフ(13歳のハローワーク)

 

大学入学までにしておくこと

勉強しておきたい科目

 

・ 現代文

 

・ 英語

 

・ 数学

 

・ 物理

 

・ 化学

 

・ 生物

 

・ 体育

 

・ 音楽

 

・ 美術

 

読んでおきたい本

 

 

 

学べる大学

準備中

 

「スタディサプリ」は、大学・専門学校の資料をまとめて請求できるサイトです。
資料請求をして、気になる大学・専門学校を調べましょう。


【 大学・専門学校の資料請求 】
◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け


舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください