舞台が好きな人向けのお仕事①出る/出演者

「出演者として舞台に立ちたい!」という人向けに、どんな仕事があるか簡単にまとめています。

仕事に就くには、どこの大学・専門学校で勉強できるかも紹介していきますよ。

※このページは「13歳のハローワーク」を参考にさせて頂きました。

 

「舞台俳優・ミュージカル俳優」になるには

どんな仕事?

 

厳しいオーディションに合格して劇団に入団し、劇団の中で競争に勝ち抜いた後、舞台に立ち、報酬を得ることのできる人。

公演で利益を出し、俳優に報酬を支払える劇団は数少ない。

特にミュージカル俳優は、踊り・歌・演技の全てに高度な技術を持ち合わせた、ミュージカル作品への出演者。

オーディションにより出演権を得たり、劇団の研究生になって舞台に立つこともある。

 

「演技・声楽」を学ぶ

大学

 

声楽を学ぶ/大阪芸術大学(通信教育部) ※社会人向け

 

専門学校

 

俳優を学ぶ/アミューズメントメディア総合学院

 

「ミュージカルダンサー」になるには

どんな仕事?

 

ミュージカルの舞台において、ダンスを主として担当するミュージカル作品への出演者。

ミュージカルダンサーとミュージカル俳優の境は曖昧。

 

「舞踊・バレエ・ダンス」を学ぶ

大学

 

舞踊・ダンスを学ぶ/日本女子体育大学

 

大学の資料は「スタディサプリ」でまとめて請求

◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け



舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください



お問い合わせは、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください