舞台が好きな人向けのお仕事③育てる/指導者

「指導者として舞台に関わりたい!」という人向けに、どんな仕事があるか簡単にまとめています。

仕事に就くには、どこの大学・専門学校で勉強できるかも紹介していきますよ。

※このページは「13歳のハローワーク」を参考にさせて頂きました。

 

「レッスンプロ」になるには

どんな仕事?

 

教室を開いたり所属するなどしてダンスを教える。

資格が必要で、日本ボールルームダンス連盟全日本ダンス協会連合会のずれかの試験に合格する必要がある。

資格試験は実技と筆記があり、受験資格は18歳以上であれば誰でも可能。

ダンス教室で学び、1年ほどの準備をするのが一般的。

 

「ダンスインストラクター」になるには

どんな仕事?

 

ダンスインストラクターは、それぞれのダンスジャンルにおいて、足の運び方や身のこなし方、腕の位置など、美しく華麗に踊るための技術を指導する。

ダンスインストラクターは、現役のダンサーとして舞台に立つかたわら、スクールで指導することも多い。

専門とするダンスの歴史や人体のしくみなどの知識が豊富であれば尚更良い。

 

「楽器の先生」になるには

どんな仕事?

 

楽器の演奏や音楽理論を教える人。

対象となるのは初心者からプロ志望者まで。

教える楽器は自身が専門としてきたもので、大学・専門学校や楽器店、音楽教室などで指導する。

演奏家を目指していた人が、指導者の道を選ぶことが多い。

 

「幼児リトミック指導員」になるには

どんな仕事?

 

スイスの音楽家が生み出した音楽指導法のひとつで、楽器を使いながら集中力・想像力を養うことをリトミックという。

これをもとに幼児指導を行う人を指す。

リトミック指導員を養成する学校や教室も増えてきており、活動の幅も徐々に増えて来ている。

 

「ボーカルインストラクター」になるには

どんな仕事?

 

歌が上手くなりたいという人に適切なトレーニングを行うのが仕事。

呼吸法、発声法、歌唱法を指導しながら、聖徒の感性、個性、性質を活かした歌唱表現をアドバイスしていく。

ジャンルは幅広く、活動範囲も広い仕事だ。

 

「音楽教師」になるには

どんな仕事?

 

教育機関や音楽教室で音楽を教える人。

歌唱、楽器演奏、音楽鑑賞を通して、音楽の楽しさを知り心の豊かさを育む仕事。

音楽知識はもちろん、人との触れ合いが好きなことが重要である。

 

声楽を学ぶ/大阪芸術大学(通信教育部)

 

「家庭科教師」になるには

どんな仕事?

 

執筆中

 

舞台衣装を学ぶ/東京家政大学

 

◆大学の資料は「スタディサプリ」でまとめて請求◆
高校生向け ↓


社会人・大学生向け ↓


◆舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください