1つじゃない!マキャヴィティのアリバイには予備がある?

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Macavity: The Mystery Cat(マキャヴィティ – 犯罪王)”の英語歌詞を見てみると、マキャヴィティのアリバイについて触れている箇所があります。

一体どんなことが書かれているのでしょうか?

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Macavity:The Mystery Cat”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「マキャヴィティ – 犯罪王」/訳詞:浅利慶太】

 

Macavity: The Mystery Cat(マキャヴィティ – 犯罪王)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

He always has an alibi and one or two to spare
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Macavity:The Mystery Cat”(作詞:T.S. Eliot)

 

フレーズの中身を見てみましょう。

 

  • always has an alibi⇒いつもアリバイがある
  • one or two to spare⇒1つや2つの予備がある

 

なるほど。

彼にはいつもアリバイがあって、しかもそのアリバイに1つ、2つの予備は当然のごとくある…ということですね。犯罪王というだけあって、抜け目がないなぁ…マキャヴィティは!

それじゃあどんなに頑張っても彼を逮捕できませんね。ロンドン警視庁も困ったものです!

そんなマキャヴィティが悩みの種のロンドンの機関については次の記事をご覧ください。マキャヴィティの犯罪の腕の凄さを実感できますよ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください