戯曲を学ぶ/大阪芸術大学(通信教育部)

大阪芸術大学(通信教育部)では、舞台芸術(戯曲)を学ぶことができます。

学科の理念、勉強できること、主な就職先などを簡潔にまとめます。

※2020年3月13日に調べた情報です。

 

学部案内

学部・学科名

 

通信教育学部 文芸学科

 

学科の理念

 

小説の書き方というものは、技術を伝授し教えられるものではありません。
ただ、学生のなかに目覚めた「何かを書きたい」という思いを後押しすることはできます。
学生が書くものに応じてそれを伸ばし、言葉での表現世界を広げていくことが、文芸学科の学びなのです。
また、書くという行為が生み出すものは小説だけではありません。ルポやインタビュー記事など、様々な表現のカタチがあります。
本学科で、言葉の表現の可能性を知ることも大切な学びだと考えています。

―通信教育学部 文芸学科(大阪芸術大学通信教育学部HP)

 

勉強できること

 

理論と実習を通して、戯曲を学ぶ。

「文芸概論」「小説論」「キャラクター原論」など。

 

文学の1ジャンルと捉えられてきた「戯曲」を、演劇とのかかわりに重点を置きながら学びます。
歌舞伎や野田秀樹作品など、古今の作品から表現方法を幅広く学習。実際に戯曲を完成させます。

―通信教育学部 文芸学科(大阪芸術大学通信教育学部HP)

 

住所

 

〒585-8550
大阪府南河内郡河南町東山469

Google Map

 

電話番号

 

0721-93-3759

 

取得できる資格

 

中学校/高等学校教諭 1種免許状(国語)
学芸員
司書

―通信教育学部 文芸学科(大阪芸術大学通信教育学部HP)

 

大学の資料は「スタディサプリ」でまとめて請求

◆ 高校生向け


◆ 社会人・大学生向け



舞台関係の仕事、舞台関係を学べる大学はこちらをご覧ください



お問い合わせは、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください