ミュージカル『オペラ座の怪人』の衣装でハロウィンを楽しむ②怪人

劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)』が好きな方はきっと、その物語、音楽だけでなくきっと衣装も大好きですよね!

そんなあなたのために、ミュージカル衣装に限りなく近いコスチュームを集めました!

ハロウィンでコスプレをしたいという方、是非参考にしてみてください。

今回は怪人(ファントム)の衣装を紹介しますよ!

アルバムを視聴する ・日本語:オペラ座の怪人
・英語:The Phantom of the Opera
・楽譜:

 

仮面

 

怪人と言えば、まず思い浮かべるのがこの仮面ですよね。

顔の半分を覆い、それが彼の悲しみをも象徴する外せないアイテムの1つです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Phantom of the Opera on Tour(@phantomtour)がシェアした投稿

 

そこで見つけたのがこれ。クオリティも高く、形も本物に近いですよね。

 

素顔

 

次に、仮面を外した後のファントムの顔。

特殊メイクは難しいですが、シールで雰囲気を出すことはできそうです。

 

マント

 

次に注目すべきはマントです。厚手の生地にビジューが施され、襟がしっかりとしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Phantom of the Opera on Tour(@phantomtour)がシェアした投稿

 

…で、探してみたのですが、なかなかないんですよね、こういう贅沢なマントって。どうしてもドラキュラ仕様になってしまう…。

こちらは生地が薄いものの、襟がしっかりとしているので、襟を折ってデザインを施すことで近づけさせられるはずですよ。

 

燕尾服

 

最後に燕尾服です。

怪人にどこか紳士らしさを感じるのは、彼のこの服装からでしょう。燕尾服は前が短く、後ろが長くなっているのが特徴的ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Phantom of the Opera on Tour(@phantomtour)がシェアした投稿

 

燕尾服は比較的探せるのですが、ベストまで付いているものがなかなかありませんでした。

 

ランタン

 

そしてこちらはおまけです。ランタンを持てば、より地下に住んでいる雰囲気がアップするので、手持ちアイテムとして是非追加してみてくださいね。


* クリスティーヌの衣装はこちら。

 


narikiri(ナリキリ)は、コスプレイヤーと衣装制作者をつなぐマッチングサービスです。
欲しいハロウィン衣装が見つからない場合は、衣装制作者に依頼してみてはいかがですか?



その他、ハロウィンの衣装をお探しの方はこちらから。




『オペラ座の怪人』 解説・考察トップ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください