原作『オペラ座の怪人』はミュージカル以上にファントムに深みがある

ミュージカル『オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)』はガストン・ルルーというフランス人作家の小説です。

ミュージカル好きの方であれば、作品の名前は知っていると思いますが、どれだけの方が小説を読んだ事があるでしょうか

私は原作があるものは基本読んでみたい性格なので、早速読んでみることにしました。

アルバムを視聴する ・日本語:オペラ座の怪人
・英語:The Phantom of the Opera
・楽譜:

 

この本との出会い

 

本当は『ノートル=ダム・ド・パリ』を借りに図書館に行ったのですが、貸出中。

では『レ・ミゼラブル』はどうだと目を移してみても1、2巻が貸出中…。

えー…と思っていたところ、ふと目に飛び込んで来たのが『オペラ座の怪人』でした。

「オペラ座か…」と正直浮かない気持ちだったのは、ミュージカルを観ても、映画を観てもそこまで魅力を感じた事がなかったからです。

 

あらすじ

 

パリのオペラ座には怪人が住みついている…という噂が立っていた。

それを信じる者と信じぬ者がいたが、ヒロインのクリスティーヌを愛するラウルは、噂を信じぬ者の1人であった。

しかしクリスティーヌを取り巻く環境で起こる怪奇現象の数々と、彼女の異様な立ち振る舞いから、その真実を暴くためオペラ座とクリスティーヌの心の中へと深く入り込んでいく。

 

感想

読みやすい長さ

 

フランス文学にしては短い、というのが第一印象でした。

ノートル=ダム・ド・パリ』も『レ・ミゼラブル』も文庫本で2巻以上あるので、フランス文学って長いよな…というイメージを持っていたのですが、『オペラ座の怪人』って1冊で完結するんですよね。

もちろん本に厚みはありますが、フランス文学に触れつつ、読み切り感を得られるには丁度良いかも知れません。

日本語訳自体は、古典(?)作品特有の訳し方(例えば「〜でありますの」などの語尾)や、外国語特有の言い回しがあったりするので、多少スッと入ってこないところはあります。また、作品の中で度々話者が変わるので、時々「?」となり読み返せざるを得ないような時もありました。

 

推理小説でも、ミステリー小説でもない

 

表紙には「推理小説」と書いてありますが、「推理」という言葉から連想出来る事件性からはずば抜けた内容で、「ミステリー」とくくれる程陳腐な作品でもありません

この作品は怪人、クリスティーヌ、ラウル3人の間を巡る、様々な「愛」の形態を1冊にした小説だと感じました。

 

独特な愛情表現

 

そしてそれと同時に、その愛に「音楽」を織り交ぜた巧みな作品だと思っています。

強すぎる愛、思いやる愛、見守る愛…

そんな風に1つでは表現しきれない「愛」の形が作品内を行きかっているのですが、強すぎる愛は時に「狂気」となり「欲望」へと変化していくことさえあります。

また、怪人とクリスティーヌの関係性をどのようにして捉えるか…それがまた読みどころです。

 

音楽の存在感

 

愛し合っている訳ではない、しかし「音楽」という存在が彼らを結びつけてしまう美しさと不気味さ

ある意味では彼らはとても純粋で、まるで子どものように約束に忠実であったり、強く信頼したりします。そんな中、ラウルは非常に冷静な立ち位置にあって、音楽にも愛にも引きずられることなく物語を進行していきます。

物語を読むまでは「ダークファンタジー」のような印象を持っていましたが、実話であってもおかしくないと思えるほどのリアリティに、ただひたすらに先の展開を知りたいとページをめくり続けました

フランス文学にしては短いこの1冊、是非読んで頂きたいです。

 

 


『オペラ座の怪人』 解説・考察トップ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください