Who Cares?/英語歌詞を徹底解説

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人(An American in Paris)』より “Who Cares?(フー・ケアーズ)” の英語歌詞を見てみると、マイロはジェリーに、アンリはリズに「愛」について歌っていることが分かります。

 

 “who cares” とは「誰が気にするの?」「どうでも良いわ」という意味です。

 

それと同時に「どうでも良くないこと」が歌われているのが、この曲のミソですよ。

Music from the Musical

・作品名:パリのアメリカ人(An American in Paris)

・曲名:Who Cares?(フー・ケアーズ)

・作詞:Ira Gershwin

アルバムを視聴する/楽譜を見る ・英語:An American in Paris
・楽譜:

 

“who cares” の意味

 

この曲の英語歌詞は次のようになっています。

 

MILO:
Who cares what the public chatters?

HENRI:
Love’s the only thing that matters

BOTH:
Who cares if the sky cares to fall in the sea?
Who cares what headlines are shrieking?
Long as we two are cheek-to-cheek-ing

Why should I care?
Life is one long jubilee
As long as I care for you
And you care for me

―ブロードウェイミュージカル “An American in Paris” より “Who Cares?” (作詞:Ira Gershwin)

 

ところどころに “who cares” というフレーズが出てきますが、これはどういう意味なのでしょうか?

“care” は「気にする、気にかける」という意味です。それに “who” が付くので「誰が気にするのよ」というのが直訳になりますね。

そこから転じて、こういった意味になります。

 

who cares … 知ったことではない、どうでもいい

 

つまり、それぞれ「そんなことどうでも良い」と歌っているんですね。では

何がどうでも良いのでしょうか?

 

どうでも良いこと

 

彼らにとってどうでも良いことというのは、 “who cares” で始まるフレーズを見ると分かります。それぞれの意味は次の通りです。

 

Who cares what the public chatters? … 世間がペチャクチャ話していることなんてどうでも良い

 

Who cares if the sky cares to fall in the sea? … 空が海に落ちてしまうとしても、(そんなことは)どうでも良い

 

Who cares what headlines are shrieking? … 見出しが何をわめいていようが、(そんなことは)どうでも良い

 

自分の周りでどんなことが起きようが、そんなことは大したことではないどうでも良いのだと歌っているわけです。

極めつけにはこうも歌っています。

 

・why should I care? … 何故(そんなことを私が)気にしなければならないの?

 

しかしこの曲は「気にしない、気にする必要なんてない」という内容が主題の曲ではありません

こういった話を引き合いに出して、言いたい事があるのです。

それが「どうでも良くないこと」なのです。

 

どうでも良くないこと

 

マイロとアンリが歌うどうでも良くないことが、次のパートで歌われています。

 

・Love’s the only thing that matters … 愛だけが問題だ

 

・Long as we two are cheek-to-cheek-ing … 2人が近くにいれば(見出しが何をわめいていようが、どうでも良い)

 

・Life is one long jubilee as long as I care for you and you care for me … 人生は1つの長い祝祭なの、私があなたを気にかけて、あなたが私を気にかけている以上

 

まず、 “who cares” と意味的に対峙するのが “matter” です。

「気にしない」と歌っている中で「これは気にする問題だ」という意味で使われています。

つまり、彼らにとって「愛」は重要な課題で「どうでも良くないこと」なんですね。

これからの2人の関係について歌う内容ですから「あなたと私との関係は気にすべき問題なんだ」ということを主題に歌っていると分かります。

最後に “I care for you” 、 “you care for me” というフレーズがありますが、ここは冒頭で説明した通りの “care” の意味になるので「私があなたを気にかける」「あなたが私を気にかける」という意味になりますよ。

“care” や “matter” はよく使うフレーズに出てきますので、覚えておくと良いですね!

 

・who cares … どうでも良い

 

・I don’t care … (私は)気にしない

 

・I care … (私は)気にする

 

・It doesn’t matter … かまわない

 

・It matters…気にする(「かまわない」の逆)

 

曲のポイント

 

・「誰が気にするの?」と歌いつつ「気にする問題」も歌い上げる、大人な歌。

 


『パリのアメリカ人』 解説・考察トップ