囚人番号「24601」…英語でのかっこいい読み方は?

東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル(Les Misérabless)』より「囚人の歌(Work Song)」の英語歌詞を見てみると、ジャベールはジャン・バルジャンを囚人番号「24601」と呼んでいます。

私は映画で初めて見ましたが、『レ・ミゼラブル』を初めて見たのは映画でした。この曲、インパクトがすごいですよね。

お腹の底にズサッズサッと響く重低音。とてつもなく重いもので押さえつけられている中でも、歩みを進めなければいけないような感覚にさいなまれました。

そんなオープニングは、数あるミュージカルの中でも上位に位置するくらい好きです。今回は、ジャンバルジャンの「24601」について解説します。

 

普通に読めば「two-four-six-zero-one」ですが、ここではそう呼びません。

 

実生活でも使える、少しかっこいい読み方を覚えましょう。

Music from the Musical・作品名:レ・ミゼラブル(Les Misérabless)

・曲名:囚人の歌(Work Song)

・訳詞:岩谷時子(作詞:Herbert Kretzmer)

アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(英語):Les Misérabless
・楽譜:

 

囚人番号と名前の対比

 

囚人の歌(Work Song)」では、中盤でジャベールがジャン・バルジャンを呼び止めるシーンで囚人番号が登場します。

 

Now bring me prisoner 24601
Your time is up
And your parole’s begun
You know what that means

―ブロードウェイミュージカル “Les Misérabless” より “Work Song” (作詞:Herbert Kretzmer)

 

ジャベールはこれ以降も、ジャン・バルジャンのことを「24601」と呼び続け、ジャン・バルジャンを名前で呼ぶことはないんですね。

そこで、ジャン・バルジャンはこう言います。

 

My name is Jean Valjean

―ブロードウェイミュージカル “Les Misérabless” より “Work Song” (作詞:Herbert Kretzmer)

 

文字通り、こういう意味です。

 

・私の名前はジャン・バルジャンだ

 

自分は番号で管理されているモノではなく、名前がある人間だという主張を汲みとることができます。

しかしジャベールは、これに対してこう続けます。

 

And I’m Javert
Do not forget my name
Do not forget me
24601

―ブロードウェイミュージカル “Les Misérabless” より “Work Song” (作詞:Herbert Kretzmer)

 

彼はこう言っていますね。

 

・そして私はジャベールだ

 

・私の名前を忘れるな

 

・私を忘れるな

 

・囚人番号24601

 

「囚人がどんな名前だろうと興味はない。そんなことよりも自分(俺)の事を覚えておけ。」という絶対的な立場が感じられます。

しかも自分の名前と自分の名前の重要性を伝えた上で、ジャン・バルジャンを囚人番号で呼んでいますから、なおさら屈辱的です。

 

 

ゼロは時に「オー」と読む

 

「24601」を通常通り読むのであれば “two-four-six-zero-one” なので「トゥ・フォー・シックス・ゼロ・ワン」ですよね。

しかし、「0」を “zero” と読まないのが、このシーンのかっこいいところなんです。

実際、どのように読まれているかというと「トゥ・フォー・シックス・オー・ワン」と読まれています。

何故そう読まれるのか。

それは、数字の「0(ゼロ)」とアルファベットの「O(オー)」の形が似ているため、このように読むことがあるというわけなんですね。

日本語で言えば「0(ゼロ)」を「○(マル、丸)」と読むのと同じ感覚です。

 

「オー」という読み方は『レ・ミゼラブル』に限ったものではなく、日常でもよく使われます。

ホテルの部屋番号が「305」であれば “three-o-five(スリー・オー・ファイヴ)” と読みます。日本語では「サン・マル・ゴ号室」なんて言ったりするのと同じですね。

また「3005」のように「0」が続いた場合は “three-double o-five(スリー・ダブルオー・ファイヴ)” となります。

“double(ダブル)” は「2つの」を意味しますから、こう表現されるんですね。

有名な映画『007』も、日本語では「ゼロ・ゼロ・セブン」ですが、英語では “double o seven(ダブルオーセブン)” です。

ちなみに、先頭が「0」だった場合は「オー」ではなく「ゼロ」と発音します。「オー」と発音するのは、あくまでも数字の間に挟まったときですよ。

それにしても「24601」は曲のリズムにピッタリはまっていて、とてもいいですよね!

曲が先に出来たのか、歌詞が先に出来たのか分かりませんが、最高にフィットしています。

英語版を聴く時は、是非意識して聴いてみて下さいね。

 

曲のポイント

 

・「24601」の読み方は “two-four-six-o-one“。

 

・「0」は「ゼロ」ではなく「オー」と読む。

 

・先頭に「0」がくる場合は「オー」とは読まない。

 

囚人の歌(Work Song)」の、他の記事はこちらから。


『レ・ミゼラブル』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください