アンジェリカ・スカイラーとは?①娘、姉、そして妻として

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より “Alexander Hamilton” の英語歌詞を見てみると、3人の女性がハミルトンのことを愛していたということが分かります。

それがアンジェリカ・スカイラー(Angelica Schuyler)、エリザベス・スカイラー(Elizabeth Schuyler)、そしてマリア・レイノルズ(Maria Reynolds)です。

 

Alexander Hamilton” では、アレクサンダー・ハミルトンの生涯が歌われると同時に、登場人物とハミルトンがどんな関係であったかも歌われています。

 

3人の女性は “Me? I loved him” と歌いますが、アンジェリカとハミルトンの間柄は、不倫を思わせる絶妙な関係性でした。

 

このページでは、娘、姉、妻としてのアンジェリカを説明します。

Music from the Musical

・作品名:ハミルトン(Hamilton)

・曲名:Alexander Hamilton

・作詞:Lin-Manuel Miranda

アルバムを視聴する ・英語:Hamilton

 

フィリップ・スカイラーの娘

裕福な家庭に生まれる

 

『ハミルトン』のミュージカルに“The Schuyler Sisters”という曲がありますが、スカイラー一家というのはただの一般家族ではありません。

まず、アンジェリカ・スカイラーの父親がどういう人物なのか知るところから始めましょう。

 

フィリップ・ジョン・スカイラー(英: Philip John Schuyler (1733年11月20日 – 1804年11月18日))は、アメリカ独立戦争で大陸軍の将軍であり、ニューヨーク州議会議員、ニューヨーク州選出のアメリカ合衆国上院議員を務めた。

フィリップ・スカイラー(wikipedia)

 

父親フィリップ・スカイラーは裕福な家庭の生まれで、将軍や州議会委員、上院議員を務めた人物です。

そんな彼を父親に持ったアンジェリカはこの家庭の長女として生まれました。

 

フィリップ・スカイラーとアーロン・バーの関係

 

これはアンジェリカに直接関係する話しではないのですが、重要内容なので記載しますね。

wikipediaからも分かる通り、初代ニューヨーク州選出上院議員(第1部)はフィリップ・スカイラーでしたが、次代がアーロン・バーになっています。

次の記事からも分かる通り「再選に失敗」とありますが、ここにハミルトンとバーの関係が大きく影響しているのです。

 

この件については “Schuyler Defeated” で歌われています。これについては追って別の記事を書きますね。

 

エリザベス・スカイラーの姉

 

アンジェリカと同じく “Me? I loved him” と歌っているエリザベス・スカイラー(Elizabeth Schuyler)は、フィリップ・スカイラーの次女で、アンジェリカの妹にあたります。

彼女こそがアレクサンダー・ハミルトンの妻ですが、ここでは「アンジェリカとエリザベスは姉妹だよっ!」ということを押さえておきましょう。

 

 

ジョン・バーカー・チャーチの妻

 

アンジェリカ・スカイラーは、ジョン・バーカー・チャーチ(John Barker Church)と結婚しています。

 

アンジェリーナは、アメリカ合衆国議会下院議員のジョン・バーカー・チャーチと結婚した。

フィリップ・スカイラー(wikipedia)

 

こちらの引用を読むと、チャーチはイギリス生まれの商人でアメリカとフランスに対して軍用品の取引を行うことで富を成した人物だと分かります。

 

One of the visitors, in 1776, was John Barker Church, a British-born merchant who made a fortune during the war supplying the American and French armies. At the time of their meeting and subsequent courtship, Church was on a mission from the Continental Congress to audit army supply records. Knowing that her father would not bless their marriage because of his suspicions about Church’s past, Angelica and John eloped in 1777. In 1783, she and her family left for Europe, not to return to New York until 1797.

Angelica Schuyler Church(wikipedia)

 

アンジェリカとチャーチが出会ったのはスカイラー宅だったということですが、ジョンの過去について、父親フィリップ・スカイラーが恐らく良い顔をしないだろうということで、2人は1777年に駆け落ちし、1783年には子どもも含めてヨーロッパへ経ち、1797年までニューヨークに戻ってこなかったそうです。

 

ハミルトンを愛してる…ってどういうこと?

 

さて、ここまでお読み頂いた方は何となくもやもやしているはずです…。

「ハミルトンと結婚したのは妹のエリザベスなんでしょ?なのになんでアンジェリカがハミルトンを愛していた…なんて言うの?」と。

はい、ここはとっても重要なところで、これがしっかり押さえられていないとこのミュージカルの面白さは半減してしまいます!

アンジェリカの役割は、歴史上も舞台上でもとても重要で、ハミルトンを語る上では欠かせない存在です。

ここについては続きの記事で、じっくりご説明させていただきますね。

 


『ハミルトン』の登場人物と相関図はこちらをご覧ください。

『ハミルトン』 解説・考察トップ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください