アラジンの舞台、アグラバーはどこの国?その名前の由来と意味は?

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』より「アラビアン・ナイト(Arabian Nights)」の英語歌詞を見てみると、「アグラバー(Agrabah)」という架空の土地が出てきます。

アグラバーのモデルとなった国はどこなのでしょうか?

またアグラバーとはどういう意味で、名前の由来は何なのでしょうか?

 

アグラバーの世界観はインドとアラブの融合です。

 

実際に存在する都市ではありませんが、インドにある「アーグラ」という都市がモデルになっているようです。

 

アーグラは、あの有名なタージ・マハルのある都市ですよ。

 

Music from the Musical・作品名:アラジン(Aladdin)

・曲名:アラビアン・ナイト(Arabian Nights)

・訳詞:高橋知伽江(作詞:Howard Ashman & Tim Rice)

 

 

アグラバーのモデルはインドにあった!?

モデルは「アーグラ」?

 

ミュージカル『アラジン(Aladdin)』の舞台は言うまでもなく、アグラバー…ですよね!

『アラジン』が好きすぎて、劇場に通うファンの皆さんは「アグラバーに行ってくる」なんて言うほど、憧れの街です。

そんなアグラバーですが、名前の由来について考えたことはありますか?

私はある時から「そういえばアグラバーって実在するのかな?名前の由来は何なんだろう?」と、すごく気になり始めました。

「アラビアン・ナイト」というだけあって、アラブの国か地名なんじゃないかとずっと思っていたのですが、実は違ったのです!

ダメ元で「アグラ」と検索したら…出てきました、出てきました!しかも、誰もが知っている場所…!

 

そう!

一度は目にしたことがある、タージ・マハルのある都市が「Agra/アーグラ(アグラ)」なんだそうです!

でも、これが名前の由来とは言い切れないじゃないか…と半信半疑の方もいらっしゃるでしょう。

でも見て下さい?タージ・マハルってジャスミンのお城にそっくりですよね?

ですから、街のイメージはこのアーグラから取られたと言っても過言ではないでしょう。

 

「アーグラ」ってどんな都市?

 

では、モデルとなったであろうアーグラはどんな土地なのでしょうか。

 

アーグラ(ヒンディー語: आगरा、ウルドゥー語: آگرا‎ アーグラー、英語: Agra アーグラ)はインドのウッタル・プラデーシュ州に属する都市。同州最大の都市で、2011年現在の人口は約157万。アーグラー、アグラとも表記する。

世界遺産に登録されているタージ・マハル廟アーグラ城塞があることで知られる。

アーグラ(wikipedia)

 

世界遺産が2つもある都市なんですね。これは一度訪れてみたいです。また、このような記述もありました。

 

ガンジス川最大の支流であるヤムナー川沿いに位置する都市で、古代より交通の要所として発展した。

周辺地域における政治、経済、文化の中心

アーグラ(wikipedia)

 

交通の便がよく、政治・経済・文化の中心。アグラバーと同じく、あらゆる面で賑わっている地域だということが想像できます。

 

「アーグラ」の場所

 

舞台となった「アーグラ(Agra)」の位置をマップでご紹介します。

インドの首都ニューデリーよりも少し南にあることが分かりますね!

タージ・マハル、一度は目にしてみたいものです。

 

今回ご紹介したアーグラや世界遺産については、こちらで画像付きでまとめています。是非併せてご覧くださいね。

 

「行ってみたい!」と思ったら…





 

 

「アグラバー」ってどんな街?

 

では、アグラバーはどんな街なのか、歌詞の中から読みとってみましょう。

英語では、ジーニーが次のように歌っています。

 

Salam and Good Evening to you worthy friends
Welcome to the fabled city of Agrabah!
City of flying carpets, soaring heroes,

famous love ballads and more glitz and glamour
then any other fictional city in the World!

―ブロードウェイミュージカル “Aladdin” より “Arabian Nights”(作詞:Howard Ashman & Tim Rice)

 

まず、ジーニーがこのように世界へと導きます。

 

・Welcome to the fabled city of Agrabah! … ようこそ、伝説の街アグラバーへ!

 

続いて、どういう街なのかが紹介されていますね。

 

・city of flying carpets … 空飛ぶ絨毯

 

・soaring heroes … 空を飛ぶヒーロー達

 

・famous love ballads … 有名なラブソング(バラード)

 

・more glitz and glamour then any other fictional city in the World! … 世界中のどんな小説上の街よりも、きらびやかで魅惑的!

 

まさに舞台で目にする通りのアグラバーの世界が要点を押さえて説明されています。

有名なラブソングとは “ア・ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)” のことでしょうね!

 

『アラジン』はインドとアラブの融合作品

 

さて、インドだけが舞台の作品なのかといえば…そうでもないんですね。

『アラジン』の元になっている『千夜一夜物語』はペルシャ(現イラン)方面で出来たお話しですし、「サラーム」という挨拶もアラビア語です。

 

『千夜一夜物語』(せんやいちやものがたり、アラビア語: ألف ليلة وليلة‎, ペルシア語: هزار و یک شب‎)は、イスラム世界における説話集。英語版の題名より「アラビアンナイト」の名称でも世界的に知られている。

(中略)

ペルシャの王に妻が毎夜物語を語る形式を採る枠物語の手法で描かれた代表的な物語の一つとしても知られる。

千夜一夜物語(wikipedia)

 

そう考えてみると、『アラジン』はインドとアラブの世界観を融合した作品と言えるでしょう。

サラームの意味については、こちらの記事をご覧ください。

 

曲のポイント

 

・『アラジン』の世界観はインドとアラブを融合したもの。

 

・アグラバーは実在しないが、インドの「アーグラ」がモデルになっている。

 

・アグラバーはタージ・マハルのある都市。

 

アラビアン・ナイト(Arabian Nights)」の、他の記事はこちらから。


『アラジン』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください