キャッツ/英語歌詞を徹底解説!日本語で意味を理解しよう

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』の英語歌詞を「日本語で理解できたら良いのに…」と感じている、そこのあなた!

そんなあなたのために英語歌詞を徹底解説致しました。

日本語歌詞では訳しきれていない内容、言い換えられている点、実在する場所など、あらゆる視点で細かく丁寧に紹介しています。

好きな曲をクリックして、新しい発見に出会って下さいね。

アルバムを視聴する/楽譜を見る ・日本語:キャッツ
・英語:CATS
・楽譜:

 

曲順/英語解説・考察記事

 

ミュージカルの英語歌詞を1曲ずつ丁寧に解説・考察しています。

歌詞の奥深さを知りましょう!

 

ACT1(1幕)

 

1. Overture
(オーヴァーチュア)

2. Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats
(ジェリクルソング)

3. Naming of Cats
(ネーミング・オブ・キャッツ/猫の名)

4. Invitation to the Jellicle Ball

5. Old Gumbie Cat
(ジェニエニドッツ/おばさん猫)

6. Rum Tum Tugger
(ラム・タム・タガー/つっぱり猫)

7. Grizabella
(グリザベラ/娼婦猫)

8. Bustopher Jones
(バストファージョーンズ/大人物?)

9. Mungojerrie and Rumpelteazer
(マンゴジェリーとランペルティーザ/小泥棒)

10. Old Deuteronomy
(デュトロノミー/長老猫)

11. Invitation to the Jellicle Ball
(ジェリクル舞踏会)

12. Grizabella: The Glamour Cat
(グリザベラ)

13. Memory
(メモリー)

 

ACT2(2幕)

 

1. The Moments Of Happiness
(幸福の姿)

2. Gus:The Theatre Cat
(ガス/劇場猫)

3. Growltiger’s Last Stand
(グロールタイガー/海賊猫の最期)

4. Skimbleshanks:The Railway Cat
(スキンブルシャンクス/鉄道猫)

5. Macavity:The Mystery Cat
(マキャヴィティー/犯罪王)

6. Mr.Mistoffelees
(ミストフェリーズ/マジック猫)

7. Memory
(メモリー)

8. The Journey to the Heaviside Layer
(天上への旅)

9. The Ad-Dressing Of Cats
(猫からのごあいさつ)

 

作品紹介

あらすじ

 

とある満月の夜…。

どこにでもありそうなゴミ捨て場に、猫たちが集まってきます。

そう、今夜は1年に1度だけ開かれるジェリクルキャッツのための「ジェリクル舞踏会」の夜でした。

人間に飼いならされることを望まず、自分の人生を謳歌するジェリクルキャッツには、おばさん猫に泥棒猫、つっぱり猫に劇場猫と個性豊かな面々が揃います。

しかし、1匹だけ遠巻きにされる猫が…。

長老猫に選ばれし1匹の猫だけが、再生を許され新しい命を得ることができる今宵。その猫とは一体誰なのか…?

私の身近にいる猫も、ジェリクルキャッツかもしれない…そんな猫への親近感を抱かずにはいられない作品です。

 

このミュージカルが伝えたいこと

準備中

 

登場人物

 

・グリザベラ(Grizabella)

・デュトロノミー(Old Deuteronomy )

・マンカストラップ(Munkustrap)

・ジェニエニドッツ(Jennyanydots

・アスパラガス(Asparagus)

・グロールタイガー(Growltiger

・グリドルボーン(Griddlebone

・ジェリーロラム(Jellylorum)

・バストファージョーンズ(Bustopher Jones)

・ラム・タム・タガー(Rum Tum Tugger)

・ミストフェリーズ(Mistoffelees

・マンゴジェリー(Mungojerrie

・ランペルティーザ(Rumpleteazer

・スキンブルシャンクス(Skimbleshanks)

・マキャヴィティ(Macavity)

・プラトー(Plato)

・ランパスキャット(Rumpus Cat)

・カーバケッティ(Carbucketty)

・グラムスキン(Grumbskin

・タンブルブルータス(Tumblebrutus

・カッサンドラ(Cassandra)

・ディミーター(Demeter)

・タントミール(Tantomile)

・アロンゾ(Alonzo)

・ヴィクトリア(Victoria)

・ボンバルリーナ(Bombalurina)

・シラバブ(Sillabub

・コリコパット(Coricopat)

 

作品情報

ブロードウェイ

 

 

 

劇団四季

 

 

 

作品の感想

準備中

 

英語歌詞に書かれていることを、やってみた

 

より深く作品を理解したい方向けの、コアな情報!

英語歌詞に書かれていることを、実際にやってみた体験談です。

 

 

資料集

 

英語歌詞に関連する情報や画像をまとめています。

補足情報にぜひ!

 

 


『キャッツ』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください