必読!「サークル・オブ・ライフ」のズールー語の意味を理解する

劇団四季ミュージカル『ライオンキング(The Lion King)』より“Circle of Life(サークル・オブ・ライフ)”の英語歌詞を見てみると、ラフィキが歌うオープニングがアフリカのズールー語になっており、何と歌っているのかを理解することができません…。

分からなくてもやもやしている方のために、歌詞を徹底的に調べました!

【ブロードウェイミュージカル“The Lion King”/“Circle of Life”/作詞:Elton John and Tim Rice * 劇団四季ミュージカル『ライオンキング』/「サークル・オブ・ライフ」/訳詞:浅利慶太】

 

ズールー語とは?

 

ライオンキングのオープニングといえば、ラフィキが歌う「ナーツィゴンニャー」ですよね!

しかし日本語でも英語でもないので、雰囲気は感じ取れても意味までは理解できないのが正直なところです。

ずっと「そういうものだ」と思って聴いていたので、あえて調べることをしなかったのですが…フレーズを理解する手段が見つかったので、調べてみることにしました。

まず、ラフィキが歌っているこのアフリカの言葉はズールー語と言うそうで、ズールー語の歌詞を書いたのはLebo.M(リーボM)という南アフリカの方だそうです。

ズールー語とはこのような言語です。

 

ズールー語(Zulu、isiZuluとも)は、南アフリカ共和国のズールー族の95%、約900万人によって話される言語である。アパルトヘイトが終了した1994年には、南アフリカ共和国の11の公用語の一つと制定された。

ズールー語(wikipedia)

 

なるほど、南アフリカの公用語の1つでもあるんですね!Lebo.Mも南アフリカの方らしいので、納得です。

このズールー語があるからこそ、アフリカの雰囲気を肌で感じることが出来ますし、サバンナの世界に入ることができますよね。

意味を理解することが出来れば、このオープニングをもっと好きになれること間違いなし!早速見ていきましょう。

 

ズールー語の歌詞の意味

 

今回お世話になったのは、The Lion King WWW Archiveという英語のサイトです。ズールー語と共に英語の表記がされていましたので、この英語部分を元に解説していきます。

Circle of Life(サークル・オブ・ライフ)”の歌詞の中身を見てみましょう。オープニングのズールー語の部分を抜き出しますね。

 

Nants ingonyama bagithi Baba(Here comes a lion, Father)
Sithi uhm ingonyama(Oh yes, it’s a lion)

Nants ingonyama bagithi baba(Here comes a lion, Father)
Sithi uhhmm ingonyama(Oh yes, it’s a lion)
Ingonyama(lion)

Siyo Nqoba(We’re going to conquer)
Ingonyama(lion)
Ingonyama nengw’ enamabala(A lion and a leopard come to this open place)

―ブロードウェイミュージカル“THE LION KING”より “Circle of Life”(作詞:Elton John and Tim Rice)

 

それでは順番に見ていきましょう。まず、最初の2行です。

 

・Nants ingonyama bagithi Baba(Here comes a lion, Father)

・Sithi uhm ingonyama(Oh yes, it’s a lion)

 

ここはあまり難しくないですね。「やってきた、ライオンの父が/ああ、そうだライオンだ」といった意味になります。

オープニングでライオンの父ですから、直接的にはムファサのことを指しているといえるでしょう。

次の3行は同じ繰り返しですので、最後の3行を見てみましょう。

 

・Siyo Nqoba(We’re going to conquer)

・Ingonyama(lion)

・Ingonyama nengw’ enamabala(A lion and a leopard come to this open place)

 

”Siyo Nqoba(We’re going to conquer)”が少し難しいですが、訳すと「我々は打ち勝つことが出来る」となります。恐らくここで言いたいのは、どんな困難な時でも、ムファサを王とした我々動物たちはそれを乗り越えることができる…ということでしょう。

その後「ライオンとヒョウがこの広場(プライドロック)にやってくる」です。何故ここでライオンとヒョウが登場するのか考えてみましたが、恐らく食物連鎖で上の立場にいる動物だからだでしょう。

動物の世界には肉食と草食とがいますが『ライオンキング』では食物連鎖がありながらも、動物たちが共存しているところをとても上手く描いていますよね。

食物連鎖の上位にあるからといって偉い訳ではありませんが、ライオンは百獣の王ですし、ヒョウもそれに近しい生き物です。ですから百獣の王とヒョウがこのプライドロックにお出ましになった際は、尊敬の念も込めて迎えられているのでしょう。

ちなみに、Lebo.Mが歌う“Circle of Life(サークル・オブ・ライフ)”はこちらの動画でご覧いただけます。

 

他のズールー語もチェックしよう

 

いかがでしたか?

オープニングのズールー語は王であるムファサを迎え入れる歌であるということが分かりました。そしてエンディングでは、王がシンバに変わりますから、シンバ王を迎え入れる歌になると言えるでしょう。

さて、ズールー語といえば全ての歌詞がズールー語で歌われている“One by One(ワン・バイ・ワン)”が印象的です。

この歌詞の意味を知らずして『ライオンキング』は語れません!是非併せてお読みください。

 

その他“Circle of Life(サークル・オブ・ライフ)”の歌詞解説や、ミュージカル『ライオンキング』についてはこちらの記事をご覧ください。



★ ミュージカル映画や原作になった作品がAmazonプライム会員で観放題!無料お試しや、学生限定プランも!登録はこちらから→Amazonプライム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください