レント/英語歌詞を徹底解説!日本語で意味を理解しよう

東宝ミュージカル『レント(RENT)』の英語歌詞を「日本語で理解できたら良いのに…」と感じている、そこのあなた!

そんなあなたのために英語歌詞を徹底解説致しました。

日本語歌詞では訳しきれていない内容、言い換えられている点、実在する場所など、あらゆる視点で細かく丁寧に紹介しています。

好きな曲をクリックして、新しい発見に出会って下さいね。

アルバム視聴/楽譜/台本 ・アルバム(英語):Rent
・楽譜:

・台本:

 

曲順/英語解説・考察記事

 

ミュージカルの英語歌詞を1曲ずつ丁寧に解説・考察しています。

歌詞の奥深さを知りましょう!

 

ACT1(1幕)

 

1. Tune Up 1

2. Voice Mail 1

3. Tune Up 2

4. Rent

5. You Okay Honey?

6. Tune Up 3

7. One Song Glory

8. Light My Candle

9. Voice Mail 2

10. Today 4 U

11. You’ll See

12. Tango: Maureen

13. Life Support

14. Out Tonight

15. Another Day

16. Will I?

17. On The Street

18. Santa Fe

19. I’ll Cover You

20. We’re Okay

21. Christmas Bells

22. Over The Moon

23. La Vie Boheme

24. I Should Tell You

25. La Vie Boheme B

 

ACT2(2幕)

 

1. Seasons Of Love

2. Happy New Year

3. Voice Mail 3

4. Happy New Year B

5. Take Me Or Leave Me

6. Seasons Of Love B

7. Without You

8. Voice Mail 4

9. Contact

10. I’ll Cover You (Reprise)

11. Halloween

12. Goodbye Love

13. What You Own

14. Voice Mail 5

15. Finale A

16. Your Eyes

17. Finale B

 

作品紹介

あらすじ

 

映画監督を夢見るマークとミュージシャンを目指すロジャー。2人はニューヨークの倉庫のような家に身を寄せて住んでいました。

そこへ家賃の取り立てに来るロジャー。かつては親友だった3人でしたが、ロジャーが結婚しの玉の輿に乗ったことで、立場は対立してしまいます。

ある日ロジャーが1人家で作曲をしていると、同じ建物にするミミが「火が欲しい」と家に滑り込んできます。

その後どことなく惹かれ合う2人でしたが、その後2人はAIDS感染者だということを知ります。

彼らを取り巻くのは同性愛者のエンジェル、コリンズ、ジョアンや、バイセクシャルのモーリーン。

人間の暗部を前面に押し出しながら、夢、そして愛を描いた大人向けのミュージカルです。

 

このミュージカルが伝えたいこと

準備中

 

登場人物

 

・マーク(Mark Cohen)

・ロジャー(Roger Davis)

・コリンズ(Tom Collins)

・ベニー(Benjamin Coffin III)

・エンジェル(Angel Schunard)

・ミミ(Mimi Marquez)

・モーリーン(Maureen Johnson)

・ジョアン(Joanne Jefferson)

 

作品情報

ブロードウェイ

 

 

 

東宝

 

 

 

作品の感想

 

舞台はもちろん、映画・ドラマ・原作の感想をまとめています。

 

 

五感で体感

 

より深く作品を理解したい方向けの、コアな情報!

英語歌詞に書かれていることを、実際にやってみた体験談です。

 

 


『レント』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください