ミストフェリーズ…その名前の由来と意味

劇団四季ミュージカル“CATS”の原作『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』を読んでみるとミストフェリーズの名前の由来について書かれていました。

知ると「なるほど!」と納得できる手品師らしい彼の名前ですよ。

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Mr.Mistoffelees”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「ミストフェリーズ – マジック猫」/訳詞:浅利慶太】

 

原作を読んでみると、ミストフェリーズの名前の由来について説明されていました!

 

mistは、「もや」「かすみ」の意。ゲーテの『ファウスト』に登場する悪魔、メフィストフェレスMephistophelesをもじったもの。
―T.S.エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(p.74)

 

確かにmistは「霧」とか「もや」という意味がありますね。マジシャンのミストフェリーズは変幻自在の猫ですから、この名前の由来には納得です。

もう1つのMephistopheles(メフィストフェレス)は悪魔ということで、一瞬「?」と思う部分もありますが、悪魔というのも不気味に魅力的な存在ですから、そういう点では頷けるところがあります。

機会があったらJohann Wolfgang von Goethe(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)について調べてみたり、『Faust(ファウスト)』を読んで、Mephistopheles(メフィストフェレス)について調べてみようと思います。

 

メフィストフェレスのまとめはこちらをご覧ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください