マキャヴィティ…その名前の由来と意味

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』に登場する、「犯罪王」のマキャヴィティ。

原作『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』を読んでみると、なかなか深い意味を持った名前だと分かりました。

Music from the Musical

・作品名:キャッツ(CATS)

・曲名:マキャヴィティ – 犯罪王(Macavity:The Mystery Cat)

・訳詞:浅利慶太(作詞:Trevor Nunn & Richard Stilgoe)

アルバムを視聴する/楽譜を見る ・日本語:キャッツ
・英語:CATS
・楽譜:

 

原作を読んでみると、マキャヴィティの名前の由来について説明されていました。

 

この名前のソースは2つ考えられる。

1つは、イタリアの策謀政治を提唱した政治家マキャヴェリ、Machiavelliである。もう1つは、コナン・ドイルの、『シャーロック・ホームズ最後の事件』(1893)に登場する、学者犯罪人、ジェームス・モリアーティ教授である。

詩のマキャヴィティのモデルとしては、後者に、かぎりなく近いが、ネーミングの上では、この2つの名前を合成したものであろう。

―T.S.エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(p.22)

 

いずれもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、どちらも恐ろしい存在だということは確かです。

策謀、政治家、学者、犯罪人…どれも頭のキレる存在で、マキャヴィティにピッタリの要素ばかりですね。

マキャヴィティに限りなく近いモデルは、ジェームス・モリアーティ教授だとあります。

これは次の記事でも説明していますが、マキャヴィティの容姿・代名詞は、モリアーティ教授のものとピタッと当てはまります。

 

『シャーロック・ホームズ』の作者アーサー・コナン・ドイルも、『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』の作者T.S.エリオットもイギリスの作家ですから、T.S.エリオットはコナン・ドイルの作品から影響を受けたのでしょうね。

 

劇団四季が上演するミュージカル。原作は詩人T・S・エリオットの『キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法(The Old Possum’s Book of Practical Cats)』であるが、その中に登場するマキャヴィティというキャラクターは、ホームズシリーズのファンであったエリオットがモリアーティをモデルに作ったものである。

ジェームズ・モリアーティ(wikipedia)

 

名前は2者の合成ですが、内面的モデルはアーサー・コナン・ドイルの作品から得ていますから、とっても贅沢な名前であると同時に、贅沢なキャラクターだなと感じました!

マキャヴィティを見る時は、是非名前の由来とモデルとなった人物を思い出してくださいね。

その他 “Macavity: The Mystery Cat(マキャヴィティ – 犯罪王)” の歌詞解説や、ミュージカル『キャッツ』についてはこちらの記事をご覧ください。


『キャッツ』 解説・考察トップ



登場人物の名前の意味・由来を知りたい方は、こちらの一覧からご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください