英語歌詞から分かる、マンゴジェリーとランペルティーザの性格

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より「マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒(Mungojerrie and Rumpelteazer)」の英語歌詞を見てみると、2匹の性格や行動をより具体的に知ることができます

2匹はどんな性格なのでしょうか?今回はそこを詳しく見ていきましょう。

Music from the Musical

・作品名:キャッツ(CATS)

・曲名:マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒(Mungojerrie and Rumpelteazer)

・訳詞:浅利慶太(作詞:Trevor Nunn & Richard Stilgoe)

アルバムを視聴する ・日本語:キャッツ
・英語:CATS
・カラオケ:Cats(karaoke)

 

悪名高いコンビなの?

日本語

 

劇団四季の歌詞ではこのように歌われています。

 

マンゴジェリーと
ランペルティーザ

悪名高きカップル
コメディアンから綱渡り
アクロバットとなんでも

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒」(訳詞:浅利慶太)

 

日本語だと「2匹は悪名の高いカップルで、コメディアンからアクロバットまで何でもやるよ」という表現になっています。

 

英語

 

しかし、英語は少し表現が異なっています。

 

Mungojerrie and Rumpelteazer
We’re a notorious couple of cats
As knockabout clowns, quick-change comedians
Tight-rope walkers and acrobats

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Mungojerrie and Rumpelteazer”(作詞:T.S. Eliot)

 

それぞれの単語は次の意味ですから、使われている単語自体は日本語とさほど変わりませんよね。

 

1. a notorious couple of cats…悪名高いコンビの猫

2. knockabout clowns…騒々しいピエロ

3. quick-change comedians…早着替えをする芸人

4. Tight-rope walkers…綱渡り師

5. acrobats…曲芸(アクロバット)師

 

「これらのことをやる」と表現されている日本語に対し、英語は“We’re a notorious couple of cats as~(我らは~のように悪名高いコンビだ)”となっています。

つまり「我らは騒々しいピエロのコンビ、早着替えをする芸人コンビ、綱渡りのコンビ、アクロバットのコンビのように悪名高いのさ」と歌っていて、登場する単語はこの2匹を例えるものだったのです。

 

盗みは敏腕で、口達者

 

マンゴジェリーとランペルティーザの性格については、英語の方が具体的です。

 

Mungojerrie and Rumpelteazer have a very unusual gift of the gab
We are highly efficient cat burglars as well
And remarkably smart at a smash and grab
We make our home in Victoria Grove
We have no regular occupation
We are plausible fellows who like to engage
A friendly policeman in conversation

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Mungojerrie and Rumpelteazer”(作詞:T.S. Eliot)

 

日本語で歌われていないのが、この2つ。

 

・highly efficient cat burglars as well…凄腕な強盗よろしく

・no regular occupation…特定の職には就いていない

 

“burglars”が不法侵入者という意味なので、“cat burglars”は「不法侵入猫という造語かな」と冗談交じりで思っていたら、“cat burglars”という言葉が存在することが分かりました。

 

cat burglars…2階の窓から押し入る夜盗、壁などをよじ登って建物に入る強盗

 

軽々と2階まで登り、するりと窓から入ってしまえる様子から、“cat”という言葉が入っているのでしょうね。

『キャッツ』には、これ以外にも“cat”という言葉が使われたイディオムや単語があります。劇場猫のガスの歌詞にも登場しますよ。

 

ちなみに、この歌詞に該当する日本語パートに「ご立派な家建てたけど」というフレーズがあります。

 

ご立派な家 建てたけど
そこには住まずに

二人が楽しむ遊びは
おまわりさんとの おしゃべり

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒」(訳詞:浅利慶太)

 

英語の“We make our home in Victoria Grove”に当たる部分ですが、ここも少しニュアンスが変わってきますので、次の解説・考察をご覧くださいね。

 

 

風のように素早い

 

もう1つ、2匹の行動を表現しているパートがあります。

 

疾風のように現れて
疾風のように去って行く

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒」(訳詞:浅利慶太)

 

日本語では「疾風のように」と表現されていますが、英語では“hurricane(ハリケーン、台風)”になっていますね。

 

We go through the house like a hurricane
And no sober person could take his oath

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Mungojerrie and Rumpelteaze”(作詞:T.S. Eliot)

 

しかも、“We go through the house like a hurricane(家の中を台風のように駆け抜ける)”ので、いくら冷静な人でも罵ることを我慢できないそうですよ(苦笑)。

 

sober person…落ち着きのある人・冷静な人

・could take his oath…罵ることを我慢

 

誰だって家の中を台風のようにかけぬけられたら「コラァッ!」とどなってしまいますよね。

 

家の各所から聞こえる音

 

そんな風に家の中を駆け抜けた結果、2匹は物を壊します。

 

台所や食堂で
大きな音が聞こえて

書斎で大事な花ビンの
割れる音がした時は

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒」(訳詞:浅利慶太)

 

ここは英語をかなり忠実に訳しているパートなので、ほとんど意味は変わらないのですが、訳されていないものが1つあります。

それが、物を壊した時の音です。

 

And when you hear a dining room smash
Or up from the pantry there comes a loud crash
Or down from the library there comes a loud ping
From a vase that was commonly said to be Ming

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Mungojerrie and Rumpelteazer”(作詞:T.S. Eliot)

 

音は全部で3つあり、意味は次の通りです。

 

smash…ガシャン

crash…ガチャン

ping…ミシッ

 

それぞれの音の発生場所を整理すると、こうなっています。

 

・ガシャン →  a dining room(ダイニングルーム)

・ガチャン →  the pantry(食品貯蔵室)

・ミシッ → the library(図書室)

 

ping(ミシッ)”と音が聞こえたのは図書室ですが、実際ヒビが入ったと思われるのはこれです。

 

・From a vase that was commonly said to be Ming…明朝時代のものと言われている花瓶

 

きっと高価な花瓶なんでしょう…ヒビが入ったらただ事じゃすまない気がしますが…!

そして、ダイニングルーム近辺で盗まれたものといったら、これでしょうね。

 

いかがでしたか?

2匹の敏腕さ、俊敏さ、そして賢さを分かって頂けたでしょうか?

明朝時代の花瓶については、こちらで画像付きでまとめています。是非併せてご覧くださいね。

 

その他“Mungojerrie And Rumpelteazer(マンゴジェリーとランペルティーザ – 小泥棒)”の歌詞解説や、ミュージカル『キャッツ』についてはこちらの記事をご覧ください。


『キャッツ』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください