「ラフィキの哀悼」ズールー語の意味…ムファサを偲ぶだけでない?

劇団四季ミュージカル『ライオンキング(The Lion King)』より“Rafiki Mourns(ラフィキの哀悼)”の歌詞を見てみると、全体がアフリカのズールー語で歌われており、何と歌っているのかを理解することができません…。

しかし調べてみると、思いもよらない発見がありました。短い中にあらゆる意味が含まれているこの詩を、じっくり一緒に見ていきましょう。

※全体を読みやすくするため記事の構成を変更致しました。(2017.7.3)

ズールー語とは?

ヌーの大暴走に巻きこまれてしまったシンバを守るために、大群に飛び込んだムファサ…そんな彼の勇気もむなしく、ムファサはこの世を去ります。

ハラハラドキドキする音楽の後に流れるのが、ラフィキが歌うこの“Rafiki Mourns(ラフィキの哀悼)”です。悲しみに包まれながら行き場のない感情を高らかに歌い上げますが…ズールー語なので何と歌っているのかが分かりませんよね。

分からないままにしておくのも悔しいので…調べました!今回お世話になったのは、The Lion King WWW Archiveという英語のサイトです。ズールー語と共に英語の表記がされていましたので、この英語部分を元に解説していきます。

ズールー語がどういう言語なのかはこちらの記事に記載していますので、併せてお読みくださいね。

 

ズールー語の歌詞の意味

“Rafiki Mourns(ラフィキの哀悼)”の歌詞の中身を見てみましょう。この曲は全てズールー語で歌われており、後半は同じフレーズが繰り返し繰り返し歌われています。

 

Madi ao(Spilled blood
Leka sebete chia ho oele sebatha(Try courage so the beasts may fall
Mo leka qeme o tsaba hoa(Those who defy mountains are, in truth, cowards
Lebo haleng ha o bue ka le ha(Even in anger, you do not speak against wrong…)
Lebo haleng ha o bue ka le ha(Even in anger, you do not speak against wrong…)

Oh, oh

Halala humba heh heh heya heeyahee
Halala humba hela hela hela
Halala humba heh heh heya heeyahee
Halala humba hela hela hela
(Repeat)
―ミュージカル “The Lion King” より “Rafiki Mourns”

 

残念ながら後半のブロックの英訳がどう調べても見つからなかったので、今回紹介するのは前半のブロックのみになります。もし何か分かることがあればこちらの記事内で更新します。何か有力な情報をお持ちの方は、是非コメントからご連絡下さい!

 

  • Madi ao(Spilled blood)

 

spilled bloodで「(傷つけて)人の血を流す」という意味になります。この場面に置き換えると、「スカー達の手によって傷つけられ、ムファサの血が流れた」ことになりますから、ニュアンスとしては『ムファサの流された血』となります。

 

  • Leka sebete chia ho oele sebatha(Try courage so the beasts may fall)

 

ここは“Try courage”と”so the beasts may fall”という風に、2つに分割すると分かりやすいですよ。まず、“Try courage”はその文字の通り解釈すれば良いと思うので「勇気を試そう」となります。後半の”so the beasts may fall”は「そうすれば、獣たちは敗れる」ですね。

fallにはあらゆる意味がありますが、ここで「組織が滅びる」という意味で使われていると考えるといいですね。よってここは『我らの勇気を試そう そうすれば悪は滅びる』となります。悪とはスカー達のことでしょうか。

 

  • Mo leka qeme o tsaba hoa(Those who defy mountains are, in truth, cowards)

 

ここの文章は強調の意味で使われている“in truth”を省いた“Those who defy mountains are cowards”を考えるがベースになっています。まずこの部分から理解しましょう。

thoseは「あれら、それら」という意味ですが、ここでは人物を指すので「あいつら、奴ら」という意味になります。ですから『山々を侮る(馬鹿にするような)奴らは臆病者だ』です。

奴らとは悪者ですね。ここに、“in truth(実は、本当に)”が入りますから、「山々を馬鹿にするような奴らは、本当に臆病者だ」となり、これは『立ちはだかる壁に立ち向かえないような奴らは臆病者だ』というようなことを言っているのだと考えられます。

 

  • Lebo haleng ha o bue ka le ha(Even in anger, you do not speak against wrong…)

 

ここが最後の行ですね。長い1文ですが、そう難しくはありません。まず“Even in anger”ですが、これは「怒りの真っただ中にいようとも」です。“you do not speak against wrong”は「不正に反してはいけない」となるかと思います。

この部分は少し解釈が難しいのですが、恐らく『怒りの感情にまかせて対抗心を抱いてはいけない』ということだと思います。何事があっても、感情に身を任せてはいけない。冷静さを失ってはいけないということです。

 

 

ズールー語に含まれる2重の意味

さて、ここまでで意味を読み解いてみて少し疑問に思ったことがあります。2行目の“Leka sebete chia ho oele sebatha(Try courage so the beasts may fall)”の部分です。「悪は滅びる」とありますが、この時点で動物達はムファサの死は企てられたものではなく、事故死だと思っています。

もちろんシンバもそうです。ですから、この歌は完全にムファサの死だけを哀悼している訳ではなんですね。ではムファサに重ねて誰を哀悼しているのか?

私の考えでは、悲しい歴史の中で亡くなっていった多くのアフリカ人です。

何故そう感じたか…

まずは先にも書いた通り、2行目が『ライオンキング』話しの筋と合わないなと感じたことです。もう1つはズールー語で歌われている“One by One(ワン・バイ・ワン)”の情景と重なるところがあったからです。

One by One(ワン・バイ・ワン)”は、アフリカ人が西洋人に奴隷として連れて行かれる歴史を背景に、アフリカ人の誇りを歌った曲です。その中には、アフリカ人が敵に屈することなく立ち向かう姿と、自らの人種を誇りに思う姿が描かれています。その中には敵を「臆病者」とする表現であったり、「諦めずに敵に立ち向かうこと」などが書かれています。

そういうことを思い出しながら“Rafiki Mourns(ラフィキの哀悼)”を読んでみると、私にはこの歌詞がこう読みとれるのです。

 

  • Madi ao(Spilled blood)
    ⇒傷つけられ血を流し、過去に死んでいった仲間たちの死。
  • Leka sebete chia ho oele sebatha(Try courage so the beasts may fall)
    ⇒勇気を示せ、そうすれば野獣のような敵は屈するだろうから
  • Mo leka qeme o tsaba hoa(Those who defy mountains are, in truth, cowards)
    ⇒困難の山々も立ち向かえないような奴らは、正直言って臆病者だ
  • Lebo haleng ha o bue ka le ha(Even in anger, you do not speak against wrong…)
    ⇒怒りの真っただ中にいたとしても、感情をむき出しにしたまま対抗心を抱いてはいけない

 

これはあくまでも私の想像ですが、ニュアンスとしては大きく違わないと思っています。

もし、このような意味なのであれば、ラフィキはムファサ1人でなく、過去に亡くなっていった多くのアフリカ人も哀悼していることになり、とても意味の深いシーンになっているのだと分かります。

One by One(ワン・バイ・ワン)”の歌詞の意味を知るとその関係性をより強く感じることが出来るはずです。是非併せてご覧くださいね。

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です