『レント』で覚えるクリスマスにまつわる英単語2

東宝ミュージカル『レント(RENT)』より“Finale A”の英語歌詞を見てみると、クリスマスに関係する言葉がたくさん出てきます。

これを機に、覚えてみましょう!

【ブロードウェイミュージカル“RENT”/“Finale A”/作詞:Jonathan Larson】

台詞のおさらい

まず、歌詞の冒頭部分ですね。7人のホームレスによって歌われている歌詞の中に、クリスマス用語が沢山あります。

 

ALL SEVEN HOMELESS:
Christmas bells are ringing
Christmas bells are ringing
Christmas bells are ringing
How time flies
When compassion dies

No stockings
No candy canes
No gingerbread
No safety net
No loose change
No change no

ONE HOMELESS MAN:
“Santy Claus is coming”

ALL:
Cause Santy Claus ain’t coming
No room at the Holiday Inn — again
Well, maybe next year —
Or — when
―ブロードウェイミュージカル“RENT”より “Finale A”(作詞:Jonathan Larson)

 

最後の部分は“Christmas Bells”とあまり変わらないですね。「ホリデー・イン」には空き部屋がないというのは“Christmas Bells”にもあり、1年経った今年もない…ということが歌われています。

ちなみに、“Holiday Inn”については次の記事で説明していますので、併せてご覧くださいね。

 

クリスマス用語

ホームレスにクリスマスは…?

まず歌の始まりで気を留めておきたいのは次のフレーズです。

 

  • How time flies
  • When compassion dies

 

時間が経つのは早い、同情の心を失うと…ということが歌われています。つまりあっという間に1年が過ぎてしまったと分かります。

 

クリスマスと言えば…?

そしてそんな彼らの元にはクリスマスらしい雰囲気は何一つありません。そんな様子をクリスマスの定番のものを並べて「●●はない」という言い方で表現しているのが次の部分です。

 

  • No stockings…長靴下(クリスマスのプレゼントを入れるもの)なし
  • No candy canes…キャンディー棒(クリスマスなら赤白の杖の形をしているもの)なし
  • No gingerbread…ジンジャーブレッド(クリスマスの定番ジンジャークッキー)なし
  • No safety net…安全策(安全に過ごせる場所という解釈)なし
  • No loose change…小銭なし
  • No change no…変化なし、あぁ…

 

いかがでしたか?1年前と変わらないホームレスの状況が切実に伝わってきますね。

これを機に、クリスマス用語を覚えてみてはいかがですか?

 



★ ミュージカル映画や原作になった作品がAmazonプライム会員で観放題!無料お試しや、学生限定プランも!登録はこちらから→Amazonプライム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください