Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『ヘアスプレー』のコーニー・コリンズ・ショーは実在した!

東宝ミュージカル『ヘアスプレー(Hairspray)』より“The Nicest Kids In Town”の英語歌詞を見てみると、トレイシーとペニーの大好きなテレビ番組は「コーニー・コリンズ・ショー」だと分かります。

この番組の印象的な点は、初めこそ白人と黒人が共演できない番組でしたが、物語の最後では共演しているという点です。

そんなコーニー・コリンズ・ショーですが、実在したテレビ番組が元になっていたってご存知でしたか?何という番組で、どのような内容だったのでしょうか?

【ブロードウェイミュージカル“Hairspray”/“The Nicest Kids In Town”/作詞:Scott Wittman and Marc Shaiman】

ボルチモアの学生が大好きな「コーニー・コリンズ・ショー」

ボルチモアの学生だけでなく、私達も大好きなコーニー・コリンズ・ショー。ドラムロールに始まるテンポの良い曲で、思わず踊りだしたくなってしまいますよね。

コーニー・コリンズ・ショーは“The Nicest Kids In Town”の冒頭で、こんな風に説明されています。

 

Hey there, Teenage Baltimore!
Don’t change that channel!
‘Cause it’s time for the Corny
Collins Show! Brought to you by
Ultra Clutch Hairspray!
-ブロードウェイミュージカル “Hairspray” より “The Nicest Kids In Town”(作詞:Scott Wittman and Marc Shaiman)

 

「やぁ、ボルチモア・ティーンエイジャー のみんな!チャンネルを変えないで!だって、これからコーニー・コリンズ・ショーの時間だよ!Ultra Clutch Hairsprayがお送り(提供)します!」といった内容なので、スポンサーにヘアスプレー会社が付いている番組だということが分かります。

何故、スポンサーがヘアスプレー会社なのか…ということについては、次の記事をお読みいただけると分かりやすいので、是非併せてお読み下さいね。

 

モデルとなったのは“The Buddy Deane Show”だった!

この人気番組「コーニー・コリンズ・ショー」ですが、実は実在したテレビ番組がモデルになっているということが分かりました。その名も“The Buddy Deane Show(ザ・バディ・ディーン・ショー)”です。

学生がテレビに出るチャンスがあって、最新のダンスステップを紹介して、地域の同世代の注目の的になるというこの番組。初めこそ白人のみで構成されていましたが、エンディングではトレイシー達の努力の甲斐あって、黒人も白人も関係なくテレビ出演しています。

実際のところはどうだったのでしょうか?

 

The Buddy Deane Show was a teen dance television show, created by Zvi Shoubin, hosted by Winston “Buddy” Deane (1924-2003), and aired on WJZ-TV in Baltimore, Maryland from 1957 until 1964. It was similar to Philadelphia’s American Bandstand. The Buddy Deane Show was taken off the air because home station WJZ-TV was unable to integrate black and white dancers.
The Buddy Deane Show(wikipedia)

 

wikipediaには次のようなことが書かれています。

 

  • バディ・ディーン・ショーはウィンストン・ディーン(1924~2003)司会のダンス番組で、メリーランド州のボルチモアにあるWJZテレビ局で1957~1964まで放送されていた。
  • フィラデルフィアのアメリカン・バンドスタンドという番組に似ているものであった。
  • WJZテレビ局として、黒人と白人のダンサーの合同出演が不可能だったため、バディ・ディーン・ショーの放送は終了した。

 

ボルチモアに本当にあったテレビ局のテレビ番組がモデルになっていたとは驚きです。

そして、現実ではコーニー・コリンズ・ショーとは逆の結末ですね。モデルとなった番組が廃止になってしまったからこそ、ミュージカル内では実現させたいという気持ちがより強かったのかもしれません。これが未来だ…と言わんばかりに。

 

 

“The Buddy Deane Show”はどんなテレビ番組だった?

では、どんなテレビ番組だったのかを具体的にみていきましょう。

 

Deane’s dance party television show debuted in 1957 and was, for a time, the most popular local show in the United States. It aired for two and a half hours a day, six days a week. Teenagers who appeared on the show every day were known as “The Committee”.
The Buddy Deane Show(wikipedia)

 

要点をまとめるとこのようなことが書かれています。

 

  • 1957年に開始し、アメリカで最も人気のある番組だった。
  • 1日に2時間半、週6日の放送だった。
  • 番組に出演しているティーンエージャーは”The Committee(委員)”と呼ばれた。

 

番組の映像がyoutubeにアップされていたので観てみましょう。コーニー・コリンズ・ショーよりも出演者が多く、また大人っぽい印象もありますね。

 

黒人は出られなかった“The Buddy Deane Show”

コーニー・コリンズ・ショーでは最終的に黒人も白人も関係なく出演することが出来ましたが、先にも説明したように、“The Buddy Deane Show”ではそれが認められていませんでした。

 

Although WJZ-TV, owned by Westinghouse Broadcasting (now CBS), was an ABC affiliate, the station “blacked out” the network broadcast of American Bandstand in Baltimore and broadcast the Deane program instead, reportedly because Bandstand showed black teenagers dancing on the show (although black and white teenagers were not allowed to dance together until the show was moved to California in 1964). The Deane program set aside every other Friday for a show featuring only black teenagers. For the rest of the time, the show’s participants were all white.
The Buddy Deane Show(wikipedia)

 

“The Buddy Deane Show”と同じく有名な番組であった“American Bandstand”が黒人のティーンエージ・ダンサーを起用し始めると、ボルチモアでは“American Bandstand”の放送はされず、“The Buddy Deane Show”のみが放送されたそうです。(1964年に“American Bandstand”の拠点がカリフォルニアに移るまでは、黒人と白人は一緒に踊ることは許されていなかった。)

しかし、世の中の人種差別撤廃の声から、“The Buddy Deane Show”も一時は金曜日に黒人のみが出演する日を設けていたようですね。この点もコーニー・コリンズ・ショーでは採用されていて、実際“Negro Day(黒人の日)”が設けられています。これは“The Buddy Deane Show”でも同じ呼び名でした。。

次の動画では、Melva Scruggsというボルチモア出身の女性が、当時自身が学生だった時にDeaneに手紙を書き、人種関係なくテレビに出られるようにして欲しいと嘆願した過去について語っています。その時代に実現されることはありませんでしたが、50年後にミュージカル『ヘアスプレー』のオーディションが行われると知って、自身の経験を制作側に伝えたそうですよ。

こういった生の声が、コミカルなミュージカルでありながらも芯のあるものにミュージカルに仕上げている理由なのかもしれませんね。

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください