『アラジン』の「ジーニー」。実は名前ではなかった?単語の意味は?

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』に登場する魔法のランプの精、ジーニー。

今まであまり深く考えたことはありませんでしたが、彼の名前にはどのような意味があるのでしょうか

※名前の意味は諸説あるかと思いますが、今回はThink Baby NamesThe Name Meaningというサイトを参考にさせていただいています。

Music from the Musical

・作品名:アラジン(Aladdin)

・曲名:アラビアン・ナイトArabian Nights

・楽譜:Arabian Nights

・訳詞:高橋知伽江(作詞:Howard Ashman & Tim Rice)

アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(日本語):アラジン
・アルバム(英語):Aladdin
・楽譜:

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aladdin the Musical(@aladdin)がシェアした投稿

 

「ジーニー」の一般的な意味は?

 

まず、一般的にはどのような意味があるのかを調べてみたところ、このように説明されていました。

 

Genie as a girls’ name is of Greek and Hebrew origin, and Genie means “noble aristocrat; God is gracious“.

Genie(Think Baby Names thinking of names?)

 

名前の起源はギリシャ語ヘブライ語で、意味は「気高い貴族、神は慈悲深い」。女の子に付けられる名前のようです。

また「高貴な生まれ」という意味もあるそうです。

 

The meaning of Genie is “Of noble descent” .

Genie(The Name Meaning)

 

高貴な存在であることや、神と関係しているといったことを伺わせます。

 

アラブと深い関係が?

 

調べていて、ふと思い出したんですよね。「あれ、ジーニーって確か精霊とか、そういう意味がなかったっけ?」と。

そういった話を聞いたことがあるような気がするんです。

気になったので調べてみたところ、アラジンのキャラクターについて説明しているwikipediaに、こう書かれていました。

 

Genie is a jinni and is never given a proper name.

List of Disney’s Aladdin characters(wikipedia)

 

「ジーニーとはjinniのことで、正確な名前は授けられていない」とのこと。

ほぉ、なるほど。 “Genie” とはニックネームのようなものだったんですね。

そして、このニックネームの由来となっているのが “jinni(ジン)” で、イスラム教と深い関係にある存在だということが分かりました。

 

ジン(アラビア語: جن‎, ラテン文字転写: jinn、英仏 jinn, djin,日本語の翻訳のクルアーンの漢字:幽精、妖霊)とは、アラブ世界で人にあらざる存在であり、なおかつ人のように思考力をもつとみなされる存在、すなわち精霊や妖怪、魔人など一群の超自然的な生き物の総称である。

イスラーム以前からいわば俗信としてアラブ人に信じられてきたが、イスラム以降、クルアーンがその存在を否定せずに認めているため、神学などで盛んに論じられるようになった。一般的には千夜一夜物語(アラジンと魔法のランプ)に登場するランプの精が有名である。

ジン(wikipedia)

 

アラブ世界で人にあらざる存在、魔人などの超自然的な生き物の総称ということで、まさに『アラジン』のジーニーを彷彿させることが書かれていますね。

アラジンはアラブとインドの世界観が融合された作品ですし、ジーニーは人ではないが、人のように思考しますもんね。

凄いなぁ、名前ってちゃんと意味を持って名付けられているんですね。勉強になりました!

 

アグラバーのモデルになっている場所については、こちらの記事で解説しています。是非併せてご覧くださいね。

 

アラビアン・ナイト(Arabian Nights)」の、他の記事はこちらから。


『アラジン』 解説・考察トップ



登場人物の名前の意味・由来を知りたい方は、こちらの一覧からご覧ください。